ニュース
» 2017年09月08日 12時20分 公開

ブロックチェーンネットワークの高速構築を支援する「IBM Blockchain Platform」、10月に提供開始

日本IBMは、「IBM Cloud」のフルマネージドサービスとして、ブロックチェーンネットワークの迅速な構築を支援する「IBM Blockchain Platform」を10月に開始する。

[金澤雅子,ITmedia]

 日本IBMは9月7日、Linux Foundationが提唱するブロックチェーンのフレームワーク「Hyperledger Fabric 1.0」を基盤として採用する「IBM Cloud」のフルマネージドサービス「IBM Blockchain Platform」の国内提供を2017年10月に開始すると発表した。

 IBM Blockchain Platformは、「IBM Blockchain」のβ版に実装された「分散台帳」「スマート・コントラクト」「合意形成」「暗号技術」の機能に加えて、ブロックチェーンを活用するアイデアをすぐ形にできるアプリケーション開発環境「Hyperledger Composer」、コンソーシアム型のブロックチェーンネットワークの形成と運営を支援するツール群、本番利用に求められるシステム性能と高度なセキュリティを提供する。

 IBM Blockchain PlatformはIBM Cloud経由で提供され、用途に応じてコンピュートインスタンスなどを選択できるよう、実証実験向けの「エントリー・プラン」、本番業務向けの「エンタープライズ・プラン」、セキュリティや性能要件が厳格な業界向けの「エンタープライズ・プラス・プラン」という3種類のプランを用意する。

 エントリー・プランは、実証実験を速やかに開始するのに最適なプランとして、アイデアを迅速にコード化してブロックチェーンを検証するためのマルチテナント環境を提供する。利用価格は、1時間あたり52.5円の予定。

 エンタープライズ・プランは、本番利用を想定したIBM Blockchain Platformの中核となるプランで、コンソーシアム型のブロックチェーンネットワークを効率的に管理するツール群をシングルテナント環境で提供する。利用価格は月額30万円からの予定だ。

 またエンタープライズ・プラス・プランは、専有環境による最高レベルのセキュリティとシステム性能を提供する規制産業向けのプランで、2017年内の提供を予定しているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ