ニュース
» 2017年09月13日 12時29分 公開

Macの「iTunes 12.7」でiOS端末アプリストアなくなる

Macの「iTunes」アプリがバージョン12.7にアップデートし、「ミュージック、ムービー、テレビ番組、Podcast、およびオーディオブックに重点」を置いたアプリになった。最も大きな変更は、iOSアプリの購入・ダウンロードができなくなったことだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは9月12日(現地時間)、Macの「iTunes」アプリをバージョン12.7にアップデートした。iOSアプリのApp Storeがなくなり、iPhoneやiPadのアプリを購入・ダウンロードする方法は、本体で直接行うものだけになった。

 アップデートの説明には、「新しいiTunesは、ミュージック、ムービー、テレビ番組、Podcast、およびオーディオブックに重点を置いています」とある。

 itunes 1 アップデートの説明

 これまでiTunesを使ってアプリや着信音をiOS端末と同期していた場合は、iOSの新しいApp Storeまたは「サウンド設定」を使えば、本体だけで再ダウンロードできる。

 その他、iTunes UのコンテンツがPodcastに統合され、Podcastのタブで検索できるようになった。また、Apple Musicでは、フォローしあっているメンバー同士でミュージックを見つけられるというソーシャルな機能も加わった。

 itunes 2 メニューも変わった

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -