ニュース
» 2017年09月19日 12時50分 公開

猫背を3秒で判定――3Dセンサーで立ち姿勢を測定するNECの新技術

NECソリューションイノベータが、カメラの前に3秒静止するだけで身体の前面と側面を測定し、体のゆがみを可視化する「NEC 立ち姿勢判別システム」を発表した。

[金澤雅子,ITmedia]

 NECソリューションイノベータは、人の動きに関する同社のセンシング技術を活用し、3Dセンサーで立ち姿勢を測定する「NEC 立ち姿勢判別システム」を開発し、9月15日に提供を開始した。

 同システムは、測定用の器具などを装着することなく、3Dセンサーの前に3秒間立つだけで、「首」「肩」「背骨」「骨盤」「膝」の「上下差」「左右差」「前後差」などの歪みを測定し、身体の歪み度を点数化する。

 例えばスポーツ用品店などで、立ち姿勢を測定し、最適な商品を紹介したり、商品の着用前後の測定結果を比較してその場で効果を理解してもらったりするなど、販売促進に活用できるという。

Photo 「NEC 立ち姿勢判別システム」機器構成例

 さらに、トップアスリートのパーソナルトレーナーとして豊富な経験を持つ鴻江寿治氏の「立ち姿勢」に関する知見に基づき、身体のタイプを「猫背タイプ」か「反り腰タイプ」に判別。判定結果に合わせてアドバイスも表示できる。

Photo 「NEC 立ち姿勢判別システム」結果画面イメージ

 アドバイス画面は、業種や分野に合わせて自由に作成が可能。例えば右肩が上がっている人には右肘のサポーターを勧める、反り腰タイプの人には体にフィットした上着を勧めるといったアドバイスを登録できるという。

 測定結果やアドバイス画面の表示や印刷も、3Dセンサーの前で、音声ガイドや画面の指示に沿って簡単なジェスチャーをするだけで実行できるため、利用客が1人で計測することも可能。

 利用価格は、1ライセンスあたり40万円(税別)から。Windows PC、Kinect v2センサーなどのハードウェアは別途必要となる。

 同社は、スポーツ用品店のほか、スポーツジム、接骨院、整骨院など、健康の維持、改善に向けたサービスを展開している企業や販売店への導入を見込んでおり、今後2年間で100ライセンスの導入を目指すとしている。

関連キーワード

NEC(日本電気) | スポーツ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -