ニュース
» 2017年09月28日 14時30分 公開

KDDI、分散処理基盤「Ethereum」を活用したスマートコントラクトの実証実験を開始

ブロックチェーン技術をベースにした企業向け分散アプリケーションプラットフォーム「Enterprise Ethereum」を活用し、スマートコントラクトによる各種サービスの実現を目指す実証実験を開始する。

[金澤雅子,ITmedia]

 KDDI、KDDI総合研究所、クーガーは9月27日、企業向け分散アプリケーションプラットフォーム「Enterprise Ethereum」を活用したスマートコントラクトの実証実験を開始すると発表した。

 スマートコントラクトは、ブロックチェーンを活用した技術により、あらかじめ取り交わされた約束や契約を、改ざんが困難な形でプログラム化し、条件が合致した際、自動執行する仕組みだ。今回の実証実験では、Ethereumなどのプラットフォーム上で開発されたKDDIのオープンサービスや、協業先のサービスとの連携を想定したスマートコントラクト活用の事業面、技術面の課題と効果を検証する。

Photo 「Enterprise Ethereum」を活用したスマートコントラクトによるサービス実現のイメージ

 第1弾として、3社共同でブロックチェーン技術を活用し、携帯電話の店頭修理申し込みから完了までの工程において、リアルタイムな情報共有とオペレーション効率化の可能性を検証する。

 また、スマートコントラクトによって、修理事業とは別に、リユースサービスなどの異なる事業者間でのシステム連携の可能性も探る。例えば、携帯電話の修理の際に、修理価格、機種変更価格、中古市場価格といった異なるシステム間の情報をプログラムが自動判別し、最適な契約が行えるかを検証するという。

Photo スマートコントラクトによる修理オペレーションの実証実験と、異なる事業者間における契約自動化の実験

 なお、KDDIは今回の実証実験に合わせて、「Ethereum」の推進団体「Enterprise Ethereum Alliance(EEA)」に加入。今後は、クーガーに加え、ブロックチェーンデベロッパーのトライデントアーツ、リーガルテックのケンタウロスワークス、EEAの加入メンバーと連携し、「AI×IoT×ブロックチェーン」による次世代サービス基盤の開発を検討していく考えを示した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -