ニュース
» 2017年09月28日 08時29分 公開

Amazon、4K/HDRサポートで8980円の新「Fire TV」発売へ

Amazon.comが、第5世代「Apple TV」に対抗するかのように、4K/HDR対応の新「Fire TV」を発表した。Googleの「Chromecast Ultra」のようにテレビのHDMI端子に直接つなぐタイプで価格はApple TVの半額以下の8980円。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon.comは9月27日(現地時間)、新しい「Fire TV」を10月25日に発売すると発表した。従来のSTB型から米Googleの「Chromecast Ultra」のようにテレビのHDMI端子に直接接続する形に変わり、4K/HDRをサポートする。日本でも同日予約開始、10月25日出荷で価格は税込8980円。先代より性能が上がり、3000円安くなった。

 fire 1 新しい「Fire TV」

 先代も4Kはサポートしていたが、それに加え、60fpsおよびHDRもサポートするようになる。米Appleも、12日に発表した第5世代の「Apple TV」でHDRをサポートした。こちらの価格は1万9800円からだ。

 同社の音声AIアシスタント「Alexa」を搭載し、リモコンから音声でテレビの基本操作を行える。1.5GHzの4コアプロセッサ、2GBのメモリ、8GBのストレージを搭載する。他にEcho製品がない家庭であれば、Fire TVをスマートホームのハブとして使うことも可能だ。

 fire 2 テレビのHDMI端子に直接挿す

 Fire TV Stickは従来通り39.99ドルで併売する。

 なお、うわさされていたSTB型のハイエンドFire TVは発表されなかった。

 Amazonは同日、新「Echo」など、Alexa搭載の新しいEcho端末を5種類発表した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -