ニュース
» 2017年10月10日 11時00分 公開

NTT Com、国内データセンターから「ServiceNow」を提供へ

NTT Comが、国内データセンターから「ServiceNow」のサービス提供を開始。データを国内で保持したい金融、公共分野などのニーズに対応する。

[金澤雅子,ITmedia]

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)とServiceNow Japanは、NTT Comの国内データセンター「Nexcenter」に、SaaS型ITサービスマネジメント(ITSM)ツール「ServiceNow」の基盤を構築し、ソリューションとして提供することで合意した。

 ServiceNowは、企業内の各種ITサービスをITIL(IT Infrastructure Library)に基づく運用プロセスで管理するITサービスマネジメントのクラウドサービス。ポータル、データベース、ワークフロー、開発環境、機械学習機能などを擁する単一プラットフォーム上で、ITSM、カスタマーサービス、セキュリティオペレーション、人事管理サービスなどを提供し、企業内の広範囲なビジネスプロセスを部門組織を横断する形でワークフロー化できる。

 今回、NTT Comが同社の国内データセンターにServiceNow基盤を構築したことで、国内に閉じた形でサービスを提供できるようになった。これにより、金融、公共分野などをはじめ、第三国へのデータの移動を望まない企業や団体のニーズに対応する。

 併せてNTT Comは、これまで培ってきたITサービスマネジメントにおける運用実績やノウハウを生かし、業務プロセスの標準化に向けたコンサルティングや、導入支援、運用までを含めた一元的なサポートを提供。各種の業務プロセスのデジタル化や最適化によって、業務の精度と効率性の向上を支援するとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -