ニュース
» 2017年10月18日 11時20分 公開

成長をけん引する2つの理由:国内プライベートクラウド市場、2021年に1兆6000億円規模に IDC調査

IDC Japanは、国内プライベートクラウド市場の予測を発表した。「従来型ITからの移行」と「DXのプラットフォーム」が市場をけん引し、2016〜2021年の年間平均成長率は39.0%、2021年の市場規模は1兆6045億円と予測する。

[@IT]

 IDC Japanは2017年10月17日、国内プライベートクラウド市場の予測を発表した。2016年の市場規模は、対前年比44.8%増の3093億円。2016〜2021年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は39.0%と予測しており、2021年の市場規模は1兆6045億円に達するとしている。

国内プライベートクラウド市場の支出額予測、2016〜2021年(出典:IDC Japan)

 IDC Japanによると国内プライベートクラウド市場の成長をけん引するのは、「従来型ITからの移行」と「デジタルトランスフォーメーション(DX)のプラットフォーム」だという。これらを両輪として、今後も同市場は高い成長を継続すると予測する。

 「従来型ITからの移行」は、例えば「Lift & Shift」と呼ばれる「クラウドイネーブルド」だ。これはアプリケーションアーキテクチャを大きく変えることなくクラウドに移行可能なシステムで、カスタムアプリケーションや独自開発したアドオンを利用する基幹系システムで多く利用されている。それに対して電子メールやグループウェア、人事/給与、税務、経費といった汎用(はんよう)業務系システムは、SaaS(Software as a Service)型のパブリッククラウドに移行する例が目立つとしている。

 IDC Japanによると、最近では国内企業のクラウドに対する期待が変化しているという。クラウドが登場した当時は、IT予算の削減に注目する企業が多かったが、最近ではITセキュリティの強化やビジネスの迅速性の向上を重要視する企業が増加している。同社が2017年3月に実施したユーザー調査「CloudView 2017」では、プライベートクラウドの導入促進要因として「ITセキュリティの強化」を挙げる企業が最も多く、「IT予算の削減」は上位5項目に入らなかった。

クラウド導入促進要因:配備モデル別上位5項目(出典:IDC Japan、8月)

 市場をけん引するもう1つの要素である「DXのプラットフォーム」は、特定の産業に焦点を合わせて新しい価値の創出を目的とした「インダストリークラウド」が急速に発展している。こうしたクラウドでは、「AI(人工知能)」や「IoT(Internet of Things)」「ブロックチェーン」といった技術を活用することが多く、DXのプラットフォームやホスティング型プライベートクラウドとして提供される例が多く見られる。

 IDC JapanのITサービスでリサーチディレクターを務める松本聡氏は、「国内プライベートクラウド市場は、新たな成長期を迎えようとしている。その成長をけん引するのがDXだ。それにより、ユーザー企業はITサプライヤーに求める内容や価値が変化している。一方、インフラといった汎用領域では差別化が難しくなっている。そのためITサプライヤーは、特定業務や産業特化に注力することで、自らの特徴や優位性を示すことが重要だ」と分析している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -