ニュース
» 2017年10月19日 12時47分 公開

MDNに集約:Mozilla、Microsoft、Googleがブラウザ横断Webドキュメントネットワーク構築で協力

MozillaのWebドキュメントサイト「Mozilla Developer Network」が「MDN Web Docs」に改称し、MicrosoftのEdgeやGoogle Chromeの関連文書も集約するクロスブラウザ対応ネットワークを目指す。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Mozillaは10月18日(現地時間)、「MDN Web Docs」へのWeb開発者のための関連ドキュメントの集約を目指し、Microsoft、Google、Samsung Electronics、W3Cなどと協力していくと発表した。

 mdn 1 MDN Web Docs

 MDN Web Docsは、これまでMDN(Mozilla Developer Network)と呼ばれていたWebサイトを改称したもの。HTMLやJavaScript、Web標準関連の文書だけでなく、Mozillaの「Firefox」、Microsoftの「Edge」、Googleの「Chrome」など、各Webブラウザの技術文書も集約することで、クロスブラウザなWebサイトを開発しなければならない開発者の便宜を図る。

 MicrosoftとGoogleはこれまでもMDNに貢献してきたが、同日結成の「MDN Product Advisory Board」(MDNの製品諮問委員会)に参加し、現在それぞれのWebサイトで管理している文書もMDN Web Docsに移管していく。

 Microsoftは17日に実施した「Windows 10 Fall Creators Update」でアップデートしたEdgeのWeb APIもMDNに提供済みだ。

 mdn 2

 MDNには現在、3万4500件以上のドキュメントがあり、2万500人以上のユーザーが貢献しているという。日本語を含む47カ国語に対応している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -