まとめ
» 2017年11月28日 07時00分 公開

11月「AI」導入事例ニュースフラッシュ:AIで攻める住信SBIネット銀行、DWHも刷新して準備万端? (1/2)

11月のAI関連ニュースを導入事例を中心におさらい。今月は住信SBIネット銀行の動きや、画像解析系の事例が注目を集めました。

[池田憲弘,ITmedia]

 人工知能ブームもあり、最近の「ITmedia エンタープライズ」では、AI関連のニュースや導入事例を取り上げる機会が増えています。そこで、この記事では11月のAI関連ニュースを導入事例を中心におさらい。今月も幅広い業界でさまざまな事例が出てきました。

AIで攻める住信SBIネット銀行

 11月は住宅ローン審査と問い合わせ対応チャットにAIを導入すると発表するなど、住信SBIネット銀行の動きが目立ちました。メガバンクが相次いで人員削減を発表した昨今、金融業界ではRPAも含め、付加価値向上や業務効率化の手段としてAIを採用するケースが増えつつあります。同社は8月にDWHをTeradataに刷新したことも発表しており、インフラ投資を強化している点も見逃せません。

住信SBIネット銀行、住宅ローンの審査にAIを導入 多様化する顧客ニーズに対応

photo

 住信SBIネット銀行が、住宅ローン審査業務にAI技術を活用した手法を導入。複数の機械学習手法を組み合わせて精度を出すアンサンブル学習法を利用した分析により、精度の高い審査モデルを構築したという。


時間や難易度に応じてAIと人を切り替え 住信SBI銀行、問い合わせ対応にAIチャットbot導入へ

photo

 AIと人の組み合わせで問い合わせ対応を効率化し、スピーディーな問題解決と顧客満足度の向上を目指す。


人の仕事を“ラク”にする画像解析、AIは人間の目になれるのか?

 画像解析分野のAIについては、NTT西日本と日立製作所のニュースが出ました。どちらもAIを人間の“目”として使い、業務効率化を目指す取り組みですが、気になるのはその誤認率。特に手荷物検査での活用では、誤認が事故を招く可能性があるため、「安全だと学習している物品以外を検知する」方法を取っています。このアプローチはキユーピーの事例と同じであり、ディープラーニングの現実的な活用法といえるでしょう。

スマホとビデオカメラの映像をAIで分析する道路路面診断サービス NTT西日本が実証へ

photo

 NTT西日本が、市販のビデオカメラとスマートフォンのカメラで路面のデータ収集し、AIで損傷状況を自動検出する「道路路面診断サービス」のトライアルを実施。安価かつ効率的な道路路面診断の実現を目指す。


日立、AIを活用したX線手荷物検査技術を開発、ディープラーニングで誤認防止も

photo

 X線手荷物検査で、AIによる安全性の自動判定を行う技術を日立が開発。個々の物品の安全性を材質、密度などから自動識別する。危険物の見落としを防ぎながら検査を効率化できるという。


photo
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -