ニュース
» 2017年11月28日 09時18分 公開

AmazonのAWS、Apple「ARKit」にも対応のAR/VRアプリ開発ツール「Sumerian」

Amazon.com傘下のAWSが、AR/VR/3Dアプリ開発クラウドサービス「Sumerian」をプレビュー公開した。Appleの「ARKit」やGoogleの「Daydream」、HTC Viveなどの各種プラットフォームをサポートする。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon.com傘下のAWSは11月27日(現地時間)、年次イベント「AWS re:Invent 2017」で、AR/VR/3Dアプリを比較的簡単に開発できるという新サービス「Amazon Sumerian」をプレビュー公開したと発表した。Sumerianは、メソポタミア文明の基礎を築いたといわれる「シュメール人」という意味。

 sumerian 1 Amazon Sumerianのページ

 「AWSマネジメントコンソール」にログインして使う。専門知識がなくても画面上でオブジェクトをドラッグ&ドロップしたり簡単なコードを入力することで、モバイルアプリやHMD向けアプリ、Webアプリを構築できる。WebGLあるいはWebVRをサポートするWebブラウザ、米Googleの「Daydream」および「ARCore」、台湾HTCの「Vive」、米Facebook傘下のOculusの「Oculus Rift」、米Appleの「ARKit」をサポートする。

 開発者は、例えば部屋のような“シーン”を作り、そこにSumerianのライブラリに用意された3Dオブジェクト(外部からインポートすることも可能)をドラッグ&ドロップすることで3D環境を作り、そこに「Amazon AI」搭載の3Dキャラクタを置いてユーザーと交流するアプリを作れる。

 sumerian 2 開発ツールの画面

 AWSはユースケースとして、従業員教育やバーチャルコンシェルジュなどを勧めている。

 sumerian 3 Sumerianで作ったWebアプリ例

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -