ニュース
» 2017年11月30日 11時08分 公開

YouTubeも「ストーリー」のような機能「Reels」を「コミュニティ」に追加

YouTubeがSnapchatやInstagramの人気機能「ストーリー」に似た機能「Reels」を、人気チャンネルにのみある「コミュニティ」タブの1機能として追加した。他のストーリーと異なり、自動的には消えない。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Google傘下のYouTubeは11月29日(現地時間)、人気ユーチューバーがファンと交流するためのタブ「コミュニティ」に新機能「Reels」をβ版として追加したと発表した。米SnapがSnapchatで始め、米Facebook傘下のInstagramなどが追随する写真や短い動画をまとめて投稿する機能「ストーリー」に似た機能だ。

 reels 1 YouTubeの「Reels」作成画面

 具体的なReels作成方法の説明はないが、短い動画をスマートフォンなどで撮影して簡単な編集を加え、投稿するもののようだ。

 YouTube自身が公式ブログで「Reelsは人気のある“ストーリー”機能のYouTubeなりのスタイル」と説明している。Snapchatのストーリーとの大きな違いは24時間で消えない点と、コミュニティの機能なので誰もが使えるわけではない点だ。

 reels 2 コミュニティタブは一定以上の登録者数があるチャンネルで使える

 自分のチャンネルにInstagramへのリンクを置いているユーチューバーも多いが、Reelsがあれば少なくともストーリーについてはYouTube内で完結できる。

 YouTubeはまた、コミュニティタブを追加できるチャンネルの範囲を拡大し、登録者数が1万人以上であれば使えるようにしたことも発表した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -