ニュース
» 2017年12月14日 07時52分 公開

Apple、「iPhone X」向けVCSEL製造企業Finisarに3億4000万ドル授与

Appleが、5月のCorningへの2億ドルに続けて半導体レーザー「VCSEL」メーカーのFinisarに3億4000万ドル授与すると発表した。VCSELは「iPhone X」のFace IDやポートレートモード実現に欠かせないパーツだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは12月13日(現地時間)、「iPhone X」や「AirPods」などで採用する半導体レーザー「VCSEL(Vertical Cavity Surface Emitting LASER)」メーカーの米Finisarに3億4000万ドルを“授与(award)”すると発表した。

 これは、同社の10億ドル規模の「Advanced Manufacturing Fund」の取り組みの一環。このファンドは、「米国の製造業でのイノベーションを育成する」目的で立ち上げたもので、5月にはゴリラガラスの米Corningに2億ドル授与した。(Corningの発表時には授与ではなく出資(invest)という言葉を使っていたが、今回はCorningについても「授与した」になっている。)

 VCSELは、iPhone XのFace ID、Animoji、ポートレートモードなどの新機能を担う部品だ。

 finisar 1 iPhone XのFace ID機能

 Appleは第4四半期(10〜12月)だけでもVCSELをこれまで同期間に世界中で製造された数量の10倍購入する見込みという。

 Finisarは1988年創業のカリフォルニア州サニーベールに拠点を置く光通信製品のサプライヤー。同社はAppleから授与された資本で、テキサス州シャーマンに保有する閉鎖中の工場をVCSEL増産の拠点として再開する計画だ。この工場は約6万5000平方メートルの広さで、これにより当地に500人の雇用を創出する見込み。この工場からのVCSELの出荷は2018年第2四半期から開始の予定だ。

 finisar 2 FinisarのVCSEL製造現場

 Appleはこの授与でiPhoneの重要パーツの安定供給と、米国での雇用創出アピールの両方を実現できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -