ニュース
» 2017年12月20日 11時26分 公開

Facebook、嫌がらせ対策でメッセージの未読確認機能と偽アカウントでの友達申請ブロック機能

嫌がらせ対策に取り組むFacebookが、友達申請が以前ブロックした相手の別アカウントであると通知する機能と、ブロックできない相手からのメッセージを未読のまま読める機能を追加した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは12月19日(現地時間)、サービスでの嫌がらせ対策の一環として、2つの新機能を追加したと発表した。いずれも既に利用できるようになっている。

ブロックした相手の別アカウントからの接触をブロック

 ブロックした相手が別のアカウントを作って再度友達申請してくるというユーザーのフィードバックを受け、そうした別アカウントを検知してユーザーに通知する。FacebookはIPアドレスなどさまざまな要素を使って検知するという。

 Facebookではそもそも偽名でのアカウント作成は禁止しているが、それをすり抜けて新アカウントを作るユーザーを阻止しようという取り組みだ。

見たくない友達からのメッセージを未読のまま確認

 嫌がらせを受けている場合、相手をブロックすると、特にオフラインでも繋がりある相手だと、別の方法での嫌がらせを激化させるおそれがある。

 そうしたケースのために、ブロックしていないが読みたくない相手のメッセージを「無視」する機能を「Facebook Messenger」(以下、メッセンジャー)に追加した。

 相手を無視する設定にすると、メッセージは受信箱ではなく、「メッセージリクエスト」(友達になっていない相手からのメッセージを受信する場所)に入るので、読んでも未読のままにしておける。オフラインで脅かされている場合などは、メッセージを未読のまま読んだ方が護身できるだろう。

 無視するには、相手とのメッセージウィンドウを開き、右上の「オプション」(歯車アイコン)→「メッセージを無視」を選ぶ(PCの場合。モバイルの場合は右上の(i)をタップする)。無視していることは相手には分からない。

 abuse 1 「メッセージを無視」
 abse 2 無視した相手からのメッセージは「メッセージリクエスト」で読める

 Facebookは以前からさまざまな方法で嫌がらせ対策に取り組んでいる。また、17日には快適に使用するためのアドバイスや、見たくない相手の投稿を30日間だけスヌーズする機能などを紹介した。

 同社はコミュニティ規定で「私たちは最終的に、あまり事細かにルールを定めなくても、利用者がお互いに思いやりと敬意を持って接したくなり、またそういう態度が支持されるような環境作りを目指しています」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -