ニュース
» 2017年12月21日 09時54分 公開

Twitter、2段階認証でサードパーティアプリの利用を可能に

Twitterの「ログイン認証」で、「Google認証システム」などのサードパーティアプリを使えるようになる。ログインのたびにショートメッセージを受信しなくて済む。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは12月20日(現地時間)、「ログイン認証」で、コードを生成するサードパーティアプリを使えるようにしたと発表した。

 ヘルプページによると、「Google認証システム」「Duo Mobile」「Authy」などをサポートする。

 Twitterの「ログイン認証」は、アカウントの乗っ取りなどを防ぐためにいわゆる「2段階認証」だ。TwitterアプリをインストールしたiOS/Android端末が必要だ。これまではこれらの端末でSMSの受信もできる必要があったが、サードパーティアプリのサポートにより、サポートするアプリをインストールして設定しておけば、SMS機能を持たない端末でも2段階認証が使えるようになる。また、端末を買い替えたり、海外滞在中の利用でも便利になる。

 この機能が使えるようになると、モバイル版Twitterでプロフィールアイコンをタップし、[設定とプライバシー]→[アカウント]→[セキュリティ]のページでサポートするセキュリティアプリを追加できるようになる。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -