ニュース
» 2018年01月30日 12時12分 公開

Microsoft、オンラインゲームのバックエンドサービスPlayFabを買収しAzureを強化へ

Microsoftがバンダイナムコやカプコムを顧客に持つオンラインゲームバックエンド企業PlayFabを買収し、Microsoft Azureのゲーム市場向けサービスを強化する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは1月29日(現地時間)、マルチプラットフォームのオンライゲームバックエンドサービスを提供する米PlayFabを買収したと発表した。買収総額などの取引の詳細は公表されていない。

 playfab 1

 PlayFabは、2014年創業のワシントン州シアトルに拠点を置く非公開企業。ユーザー管理や課金ツールなどを含む、オンラインゲーム運営に必要なツールを提供している。顧客にはバンダイナムコ、カプコン、Disney、Nickelodeon、Rovioなどが名を連ねる。現在1200以上のライブゲームを支え、累計7億人以上のプレーヤーにサービスを提供してきた。

 MicrosoftはPlayFabのチームと技術を「Microsoft Azure」のゲーム業界向け強化に生かす狙い。「ゲーマーはこの買収のおかげでよりよい体験を得られる」としている。

 playfab 2 Microsoft Azureのゲーム開発者向けサイト

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -