ニュース
» 2018年01月31日 11時00分 公開

ゲートを通すだけで一括検品――個体管理を効率化する「ゲート型RFIDリーダー」、トッパン・フォームズから

トッパン・フォームズは、高指向性アンテナとUHF帯ICタグを活用し、ゲートを通すだけで梱包したまま複数の物品に取り付けられたICタグを一括で読み取る「ゲート型RFIDリーダー」を発売。小型・軽量で設置、移動にも柔軟に対応する。

[金澤雅子,ITmedia]

 トッパン・フォームズは2018年1月30日、ゲートを1〜2秒通すだけで箱を開封せずに複数の物品に取り付けられたICタグを一括で読み取る「ゲート型RFIDリーダー」(特許出願中)の販売を開始した。

 同製品は、マスプロ電工と共同開発したもの。トンネル形状の金属筐体に高指向性アンテナから放射される電波を特定エリア内に閉じ込めることで電波漏れを抑制し、UHF帯ICタグの採用により、ゲート内を通過する複数のICタグの高精度な読み取りを実現した。電波を強くしてもゲート外への電波漏れは抑制され、特定エリアのみを読み取ることができる。

 同製品により、従来はバーコードを1点ずつ読み取っていた入出庫作業や検品作業に伴う個体管理を効率化、省人化できるという。

Photo 「ゲート型RFIDリーダー」

 筐体は、730(幅)×625(高さ)×1010(奥行き)ミリと小型・省スペースを実現。重量も約43kgと軽量なため、移動が容易で、設置ラインの変更などに柔軟に対応できる。

 アンテナとリーダーが一体化されたユニットのため、従来型ゲートリーダーのような設置工事は不要なことから、導入時のコスト削減を見込める。また、調整用ハンドルを回すだけでアンテナ位置を簡単に調整できるので、物品のサイズ変更などに対応した読み取り性能の調整が容易だという。

Photo

 同社は今後、アパレルや医療材料などの出荷・検品作業が行われる物流現場や、レンタル品の入出庫作業が行われる現場などへの導入を促進し、物流現場のIoT(Internet of Things)化を支援していくとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -