ニュース
» 2018年02月07日 07時21分 公開

火星に向けた「Falcon Heavy」、打ち上げは成功

SpaceXの大型ロケット「Falcon Heavy」の打ち上げが予定通り行われ、3基のブースター中2基が無事地上に戻ってきた。3基目は海上ドローンに戻る予定。ペイロードは発射から8時間後に再ブーストして火星の軌道を目指す。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米SpaceXは2月6日(現地時間)、予告通り大型ロケット「Falcon Heavy」をフロリダ州ケープカナベラル空軍基地から火星に向けて打ち上げた。

 発射から約10分後、3基のブースター中、2基が計画通り空軍基地の着陸地点に無事着陸し、本稿執筆現在は残る1基の海上ドローン「Of Course I Still Love You」への着陸を待っている状況だ。

 falcon 1 ほぼ同時に着陸する「Falcon Heavy」の2基のブースター

 米Teslaの電気自動車「Roadster」を載せたペイロード部は、イーロン・マスクCEOのツイートによると、発射から約8時間後にヴァン・アレン帯に到達し、火星に向けて噴射する見込みという。

 falcon 2 打ち上げ概要図

 Falcon Heavyは、同社が既に実用化しているロケット「Falcon 9」の2倍以上のペイロードを運べる大型ロケット。今回のテストフライトでは宇宙服を着た“スターマン”人形が乗ったRoadsterしか積載していないが、64トン積載できる。

 falcon 3 打ち上げの瞬間

 本稿執筆現在、スターマンが乗ったRoadsterからのライブストリームを視聴できる。

【UPDATE】米Engadgetによると、マスクCEOが発射後の電話会見で、3基目のブースターはロストし、調査中だと語ったという。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -