ニュース
» 2018年02月16日 08時07分 公開

「Windows 10」の次期アップデートでワークステーションに“究極性能”モード

Microsoftが最新プレビュー「Build 17101」をリリースした。「for Workstations」エディションでは電源管理を除いてハードウェアの限界性能を引き出す「Ultimate Performance」設定が可能になる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは2月14日(現地時間)、Windows 10 Insider Previewの最新ビルド「Build 17101」を公開した。Fast Ring向けに提供する。

 このビルドで、ワークステーション向けOSの「Windows 10 Pro for Workstations」の新機能として、「Ultimate Performance」(究極性能)が追加された。3月か4月に実施される予定の次期アップデート(コードネーム:Redstone 4、RS4)で使えるようになる見込み。

 通常モードでは性能とバッテリー消費のバランスを考慮しているが、Ultimate Performance設定にすると、通常の電力管理技術に関連して生じるわずかなレイテンシーも排除し、ハードウェアの性能を限界まで発揮させられるという。

 ultimate 1 Ultimate Performance設定画面

 このモードでは通常より電力を消耗するので、バッテリーモードでは設定できない。

 ビルド17101では、絵文字の修正も行われた。ユーザーからのフィードバックを反映させ、一貫性を持たせたとしている。

 ultimate 2 新旧絵文字(下が新しいもの)

 Build 17101で追加されたその他のアップデート内容は、公式ブログで確認できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -