ニュース
» 2018年02月27日 11時38分 公開

DeepMind、約70万人分の診療データを米合衆国退役軍人省との提携で獲得

Alphabet傘下のDeepMindが、疾病の早期発見システム構築を目的に、米合衆国退役軍人省の約70万人分の診療データを入手した。すべて匿名化されたものとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Alphabet傘下のDeepMindは2月22日(現地時間)、米合衆国退役軍人省(VA)との提携により、約70万人分の退役軍人の匿名化した診療記録を入手したと発表した。疾病の早期発見技術の向上を目的に、ディープラーニング用学習データとして活用する。

 deep mind 1

 ある研究によると、病院での死亡の11%は疾病の兆候を早期に発見して適切に対処していれば避けられるものという。

 まずは、現在予測が困難とされている急性腎障害(AKI)の早期発見のためのアルゴリズムを開発する。

 診療データは、VA側で完全に匿名化してからDeepMindに渡される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -