ニュース
» 2018年03月06日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:Computer Weekly日本語版:WannaCryはランサムウェアキラーか?

ランサムウェア「WannaCry」は重大なミスを犯した。これがランサムウェアを衰退させるかもしれない。他に、仮想現実を医療に応用する取り組みを紹介する連載の第1回、脳をモデルにしたデータストレージ研究の現状などの記事をお届けする。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 Computer Weekly日本語版、以下の記事で構成されています。

■「オープンソースに貢献するには費用がかかる」のにやる理由とは?

■WannaCryはランサムウェア攻撃終焉の始まりか

■脳をモデルにしたデータストレージは実現するのか

■臨床医も満足、看護師主導で開発されたバイタルサインアプリ

■医療ツールとしてのバーチャルリアリティー(仮想現実)(第1回)

■偉大なCIOになる方法(後編)

■Microsoft帝国のロックイン――新たなる希望と帝国の逆襲(第3回)

ダウンロードページに進む

Kindle版のダウンロードページに進む

EPUB版のダウンロードページに進む

Computer Weeklyは、IT戦略やセキュリティ、モバイルコンピューティング、ITアウトソーシングなどの各種分析、事例、インタビュー記事を週刊で配信している1966年にイギリスで創刊されたITプロフェッショナルに向けた媒体で、2011年5月より、米国TechTarget社がデジタルマガジンとして発行しています。


TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -