ニュース
» 2018年03月27日 08時00分 公開

システムの規模に応じてリソースを調節:「Docker」採用のホスティングサービス、さくらインターネットが提供開始

さくらインターネットは、コンテナ型仮想化技術「Docker」を利用したホスティングサービス「Arukas」の提供を開始した。一部のプランは無料で利用可能。

[@IT]

 さくらインターネットは2018年3月26日、コンテナ型仮想化技術「Docker」を利用したホスティングサービス「Arukas」の提供を開始した。同社によれば、Arukasは既に無償のオープンβテストを実施しており、同日の正式提供開始時点でユーザーが約1万人いるという。

 Arukasでは、「Docker Hub」で共有されているコンテナイメージを活用することで、簡単にコンテナインスタンスを作成、起動できる。コントロールパネルでは、稼働させるシステムの規模に応じたリソースの増減など、複数のコンテナインスタンスの操作や管理が可能だ。

画像 「Arukas」コントロールパネルのイメージ画像(提供:さくらインターネット)

 Arukasの料金プランは「Free」「Hobby」「Standard×1」「Standard×2」の4種類。

 Freeは、利用可能なメモリ容量が128MBで1インスタンスのみ稼働可能で、月額基本料金と利用料金がいずれも無料。

 それ以外のプランは、月額基本料金が50円(税別、以下同)。メモリ容量および1時間当たりの利用料金は、Hobbyが512MBで約0.74円(約540円/月)、Standard×1が512MBで約1.48円(約1080円/月)、Standard×2が1024MBで約2.96円(約2160円/月)である。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -