ニュース
» 2018年03月28日 11時14分 公開

「iWork」も「Apple Pencil」対応に 「スマートアノテーション」機能も

Appleのオフィススイート「iWork」のiOS版が「Apple Pencil」をサポートした。文書作成アプリ「Pages」にはPencilで入力した編集を履歴として表示できる「スマートアノテーション」機能や電子書籍作成機能が追加された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは3月27日(現地時間)、シカゴの高校で開催の教育向けイベントで、オフィススイート「iWork」をアップデートし、iOS版を「Apple Pencil」に対応させたと発表した。

 同日発表の「新しい9.7インチiPad」もApple Pencilをサポートするので、iPad mini以外のiPadシリーズで、iWorkをPencilで操作できるようになった。

 iwork 1

 文書作成アプリ「Pages」では、Pencilで手描きのコメントやイラストを追加でき、共同編集している文書では、各メンバーが加えた編集がマークアップテキストとして残る「スマートアノテーション」機能(β)も使える。

 iwork 2

 Pagesにはまた、電子書籍作成機能も追加された。2012年リリースの「iBook Author」を統合したもののようだ。iOSおよびMac OS版Pagesで利用できる。

 iwork 3

 iWorkはPages、スプレッドシートの「Numbers」、プレゼンテーションアプリの「Keynote」で構成される無料アプリ。iOS版の新機能を利用するには、iOS 11が必要だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -