ニュース
» 2018年04月03日 12時11分 公開

Google、通学バスにWi-FiとChromebookを提供する「Rolling Study Halls」

Googleが、スクールバスで長時間かけて登下校する生徒たちのために、スクールバスにWi-FiとChromebook、宿題をみてくれるアドバイザーを提供するプロジェクト「Rolling Study Halls」を全米で展開する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは4月2日(現地時間)、米国内の学校にスクールバスで長時間かけて通う生徒たちのためにバスにWi-FiとChromebook、アドバイザーを提供するプロジェクト「Rolling Study Halls」を発表した。2016年から1部の地域でパイロットプログラムを実行してきたものを、全米16学区に拡大する。

 bus 1 Rolling Study Halls

 このプログラムを立ち上げた従業員、リリン・ヘスター氏は公式ブログで、スクールバスで片道90分もかけて通学する生徒たちが多数おり、そうした生徒の多くは家にネットワーク環境がないと語る。米国の学校では、ネットワークがないとできない宿題も出るという。

 そこで、Googleのデータセンターの1つがあるノースカロライナ州コールドウェルで、地元の教育機関やネットワークプロバイダーと協力し、まずは11台のスクールバスにWi-FiとChromebook、ボランティアのアドバイザーを搭載した。

 bus 2 2016年にプロジェクト立ち上げを発表するリリン・ヘスター氏

 その効果はすぐに表れた。まず(ドライバーが驚いたことに)、バスの中が静かになり、生徒たちは集中して宿題に取り組んだ。その結果、バス利用者の成績も上がったという。

 バス内のWi-Fiは学業関連の接続にのみ制限することも可能。今年度中に数千人の生徒に対し、150万時間以上のWi-Fi通学時間を提供するのが目標だ。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -