ニュース
» 2018年04月04日 07時05分 公開

YouTube本社で銃乱射事件 自殺した襲撃者は39歳の女性YouTuber

YouTubeのカリフォルニア州サンブルーノにある本社キャンパスで銃乱射事件が発生。数人が近くの病院に搬送された。従業員のツイートによると、銃撃者は男女2人で、1人は自殺したという。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Google傘下のYouTubeの、カリフォルニア州サンブルーノにある本社キャンパスで4月3日(現地時間)、銃乱射事件が発生した。

 youtube 1 YouTube本社(Googleマップより)

 地元警察が午後1時28分、公式Twitterで「アクティブシューター(無差別に銃を乱射する人および事象を指す)に対処中です。(YouTube本社のある)Cherry AveとBay Hill Drive付近には近づかないでください」とツイートした。

 地元テレビ局のCBS SF Bay Areaによると、銃乱射は本社のオープンカフェで発生した。911(日本の110番に当たる通報)の録音によると、銃撃したのは男女2人という(その後、女性1人と発表)。付近の2つの病院に、複数の負傷者が運ばれた。その後の地元警察の発表によると、負傷者は4人で、撃たれた3人のうち1人は危篤状態だ。

 youtube 2 YouTubeのカフェ(Googleマップより)

 親会社のGoogleは公式Twitterで「YouTubeでの状況について、われわれは当局と協力中です。可能になったらGoogleとYouTubeから公式な情報を発表します」という声明を出した。同社はベイエリアの従業員に対し、同地域に近づかないようアドバイスしたともツイートした。

 Twitterには、現場にいたYouTubeの従業員や近くにいた人から多数の関連ツイートが投稿されている。ある従業員は「YouTube本社で銃乱射。デスクにいたら、発砲の音がして人々が走っていくのが見えた。今は同僚と一緒にオフィスにバリケードをはっている」とツイートした。他の従業員は「ミーティングをしていたら廊下を大騒ぎして人々が走っていくのが聞こえた。最初は地震かと思った。自分も出口に向かう間、誰かが銃を持った人がいたが、自殺したようだと言っていた。床や階段には血のあとがあった」と連投ツイートしている。

 近くにいた人は、YouTubeの従業員が両手を頭につけてビルから出てくる画像をツイートした。

 同日の午後2時半にサンブルーノ警察が発表したところによると、事件は午後12時46分に発生し、容疑者は女性で銃で自殺した。負傷者は4人で、そのうち1人は危篤状態。詳細は調査中としている。

 Googleのスンダー・ピチャイCEOは従業員に向けて負傷者をいたわり、情報が入り次第説明するという公開書簡を送った。

 youtube 4 警察が公開したナシーム・ナジャフィ・アグダムの写真

 同日午後4時半の警察発表によると、自殺した容疑者はサンディエゴに住むナシム・ナジャフィ・アフダム(39)。発砲した3人の個人的な知り合いではなかったという。

 AP通信などによると、アフダムはNasime Sabzという名前でオンライン活動をしており、YouTubeと長年争っていたという。Webサイトには、YouYubeが自分を抑圧しているという激しい主張が掲載されている。Webサイトにはペルシャ語、トルコ語、英語のYouTubeアカウント、Facebookアカウント、Instagramアカウントなどへのリンクがあるが、いずれも削除されている。

 youtube 5

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -