ニュース
» 2018年05月08日 10時04分 公開

Build 2018:MicrosoftとDJIが「Azure IoT Edge」で提携、Windows 10向けドローンSDKも

MicrosoftとDJIが戦略的提携を発表した。DJIのドローンをWindows 10で制御し、ドローン搭載のカメラやセンサーのデータをPCでストリーミングできるようにするSDKをDJIが公開する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは5月7日(現地時間)、年次開発者会議「Buiuld 2018」で、ドローン大手の中国DJIとの戦略的提携を発表した。「AIと機械学習の能力をDJIのドローンで利用可能にし、企業が商用ドローンとMicrosoftのエッジクラウドコンピューティングを活用することを支援していく」という。

 DJIは、ドローンに搭載するサードパーティー製のものを含むカメラやセンサーで収集したデータをWindows 10で利用できるようにするSDKをリリースする。Microsoftによると、開発者はこのSDKでWindows 10搭載端末でDJIのドローンをリモート制御し、リアルタイムのドローンデータをストリームするアプリを開発できるという。

 dji 1

 Build 2018の基調講演では、DJIのSparkをステージに設置したパイプの上を飛ばし、PCの画面にカメラのセンサーが検出した問題のある部分を黄色い枠で表示するデモを披露した。

 dji 2 DJI Sparkでのデモ

 両社はまた、Microsoftの「Azure IoT Edge」採用の商用ドローン活用ソリューション開発でも協力する。Azure IoT Edgeは、「AI、Azureサービス、カスタムロジックをクロスプラットフォームのIoT端末に直接搭載して実行することで、クラウドレベルの機能をローカルで提供するサービス」。まずは、農業や建設業、公共安全向けのソリューションを開発する。

 dji 3

 DJIのSDKは今秋にリリースの予定。詳細はDJIのサイトを参照されたい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -