ニュース
» 2018年05月14日 11時40分 公開

Google、GDPR施行に向けた新プライバシーポリシーを公開

Googleが、5月25日のEUによるGDPR(一般データ保護規則)に先立ち、新しいプライバシーポリシーを公開した。イラストや動画を多用し、Googleがどのような情報を集めており、ユーザーはどう管理できるかを説明している。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは5月11日(現地時間)、新しいプライバシーポリシー(リンク先は日本語版)を公開したと発表した。発効するのは、欧州連合(EU)のGDPR(一般データ保護規則)が施行される5月25日からだ。

 policy 1

 この新ポリシーによって、ユーザーの現在の設定や情報の処理方法が変わることはない。ポリシーの透明性をより高くし、分かりやすくしたという。

 大きな特徴は、動画やイラストの多用だ。従来のプライバシーポリシーはテキストだけだったが、要所要所に説明的なイラストや動画が挿入されている。例えば下の「お客様によるプライバシーの管理」の動画では、広告のためにGoogleがどのような情報を集めているかと、それを確認し、管理する方法を説明している。


 同社はまた、すべてのGoogleアカウントユーザーに対し、メールでもプライバシーポリシーの更新についてメールした。

 policy 2

 スンダー・ピチャイCEOは4月、1〜3月期の業績発表後の電話会見で、GDPRについて過去18カ月かけて準備してきたと語っていた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -