ニュース
» 2018年06月06日 08時05分 公開

GitHub→GitLabの流れでGitLabがオープンソースプロジェクト向け無料キャンペーン

MicrosoftによるGitHub買収発表でリポジトリ流入が急増したGitLabが、月額99ドル/ユーザーの有償サービスを、オープンソースプロジェクトと教育機関限定で無償化すると発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftが米GitHubの買収を発表した翌日の6月5日(現地時間)、GitHubと競合する米GitLabが、有償サービスをオープンソースプロジェクトと教育機関限定で無償化すると発表した。

 月額99ドル/ユーザーの「GitLab Ultimate」および「GitLab Gold」を無償提供する。

 gitlab 1 GitLab Gold

 GitLabは2014年創業のサンフランシスコに拠点を置く非公開企業。GitHubと同様の、コードリポジトリのホスティングサービスを提供する。(ロゴの動物はキツネではなくタヌキ。)

 UltimateとGoldの違いは、自前のサーバを使うかGitLab.comを使うか。いずれもオープンソースで無償のサービスの機能を強化し、サポートを付けたものだ。無償提供版のUltimateとGoldにはサポートは付かない(95%引きの月額4.95ドル/ユーザーで追加できる)。

 同社はMicrosoftによるGitHub買収のうわさが浮上した3日、GitHubからの流入が急増したとして、有償版の期間限定値引きも発表していた。

 gitlab 2 GitHubからの流入急増を示すグラフ

 値引きキャンペーンはGitLabの新規ユーザーのみが対象で、6月6日中(日本時間の6月7日午後3時59分まで)に申し込む必要がある(詳しい条件はこちら)。UltmiateとGoldの月額料金が、最初の1年間だけ75%引きになる。

 GitLabユーザーの急増は、MicrosoftによるGitHub買収だけでなく、米AppleがWWDC 2018で「Xcode 10」がGitLabをサポートすると発表したことも追い風になっているようだ。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -