ニュース
» 2018年06月08日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:脱「Excel」「Word」なら検討したい、本当に使える代替製品/サービス

表計算ソフトといえば「Microsoft Excel」、ワードプロセッサソフトといえば「Microsoft Word」が現在は主流かもしれない。だが、企業でも利用できる堅実な代替製品は多くある。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 「Microsoft Excel」や「Microsoft Word」をはじめとした「Microsoft Office」が企業向けオフィス製品の主流だとしても、それだけが選択肢というわけではない。

 Excelの代わりとして最も有名で広く使われているのは、オンラインスプレッドシートの「Googleスプレッドシート」だろう。同アプリケーションは、最新版のExcelほど強力ではないとしても、最もよく使われている機能の多くを備えている。他にもフリーウェアの「LibreOffice Calc」がある。

 また、Wordについても編集履歴の追跡からレガシー互換モード、電子メール「Microsoft Outlook」との連携に至るまで、その機能を他の製品が打ち負かすのは難しい。だが、別の製品を求める企業にとって、現実的な代替が既に存在するのも事実だ。このコンテンツでは、企業利用に耐え得るという基準の下、ExcelとWordの代替製品を紹介する。

ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -