ニュース
» 2018年06月15日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:Computer Weekly日本語版:AIが人を裁いた日

特集は、AIによる自動意思決定の問題点。スコアリングが裁判に利用される現状を紹介。他に、ソフトウェアで作るハイパーコンバージド、AI導入成功事例、ランサムウェアで暗号化されたHDDを復号する無償ツール紹介、ハイパーバイザー不要論の解説などをお届けする。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 Computer Weekly日本語版は、以下の記事で構成されています。

■コンテナがあればハイパーバイザーやストレージアレイは不要になる

 仮想マシン(VM)とハイパーバイザーは不要になる。

■身代金を支払うその前に、対ランサムウェア復号ツール

 ランサムウェアによって暗号化されたデータを復号するツールを紹介する。

■80%の企業が誤解、データ保護責任を負うのはクラウド企業か顧客企業か

 10社のうち8社以上は、データ保護の責任について誤解している。

■既に始まっているコンピュータによる意思決定(前編)

 コンピュータによるスコアリングを加味した量刑は本当に適切だったのか?

■ソフトウェアで作れるDIYハイパーコンバージドインフラのススメ

 ソフトウェアのハイパーコンバージドインフラ製品のメリットとは?

■AI導入成功企業の共通点は「AIかどうかを選定理由にしない」こと

 2つの事例を通して、AI導入成功の秘訣を考える。

ダウンロードページに進む

Kindle版のダウンロードページに進む

EPUB版のダウンロードページに進む

Computer Weeklyは、IT戦略やセキュリティ、モバイルコンピューティング、ITアウトソーシングなどの各種分析、事例、インタビュー記事を週刊で配信している1966年にイギリスで創刊されたITプロフェッショナルに向けた媒体で、2011年5月より、米国TechTarget社がデジタルマガジンとして発行しています。


TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -