ニュース
» 2018年06月19日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:徹底比較:Salesforce vs. Dynamics 365、長所と短所を見極めて選択する

Salesforce.comの「Salesforce」とMicrosoftの「Dynamics 365」。いずれかを初めて導入するにせよ、一方から他方へと移行するにせよ、両製品の特徴が組織のニーズに合っている必要がある。両者の長所と短所を比較した。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 CRM選びは事実上、Salesforce.comの「Salesforce」とMicrosoftの「Dynamics 365」の二者択一の決断になっている。CRM市場ではSalesforceとMicrosoftの両社ともに上向きだが、それぞれの企業は戦略に違いがある。

 例えばDynamics 365はMicrosoftの他の中核製品(「Microsoft Outlook」「Office 365」「Microsoft SharePoint」など)と密接に連携する。ワークフローをMicrosoft製品に依存している場合はこの点が魅力的な提案になるだろう。他のビジネスインテリジェンス(BI)サービスにも対応し、LinkedInのプロフェッショナルネットワークとも密に統合できる。

 一方、Salesforceは中核サービスにまつわるイノベーションが強みだ。人工知能(AI)による一連の機能、サードパーティー製の統合アプリケーションで構成されたエコシステム、そして管理者、開発者、エンジニアから成るネットワークがある。このネットワークを実現したのがSalesforceの学習教育プラットフォーム「Trailhead」だ。適切なトレーニングを積んだSalesforceの管理者がいれば、多くのことを実現できるだろう。

 両者の強みと弱みを知ることが、どちらのプロバイダーからライセンスを取得するかを決める上で役に立つだろう。両者の長所と短所を比較し、表にまとめた。

ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -