ニュース
» 2018年07月03日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:職場がWindowsオンリーでもiPhoneやMacを使える? エンドポイント管理のこれから

「職場でもMacが使いたい」。こんな話をされたことはないだろうか。職場はほぼWindowsで統一しているし、MacはWindowsと違うからどう管理していいか分からない。IT部門担当者を悩ますこの課題に解決策はあるのだろうか?

[TechTargetジャパン運営事務局]

 ビジネスを取り巻く環境の変化は著しい。特に技術面では、システムの制約で社内情報を見るためだけに自社に戻っていたころから格段に進歩し、デバイスを問わず社内の情報を参照できることは当然のように期待される機能となった。

 そこで話題になるのは、「iPhone」や「Mac」を業務利用したいというユーザーの声だ。iPhoneやMacといったAppleの製品利用者は非常に多い。独自にデバイスの利用状況を調査しているStatCounterによると2017年11月現在、日本で最もデバイス(スマートフォン、タブレット、PCなど)を利用されているベンダーはApple(約67%)という結果がある。このことからもApple製品の業務利用ニーズは高まっていくことが推測できる。

 本稿ではエンドポイント管理という観点から、これまであまり業務利用が目立たなかったApple製品デバイスについてまとめた。担当者にとって「よく知らないから怖い」というApple製デバイス管理についてのアドバイスをまとめているので参考にしてほしい。

ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -