ニュース
» 2018年07月17日 08時07分 公開

Microsoft、「Skype 8.0」のデスクトップ版公開 旧版は9月1日から使えなくなる

デスクトップ版「Skype」がバージョン8.0になる。ビデオ通話がHDになるなど新機能が追加され、今夏中には通話録音も可能になる。9月1日以降はバージョン7.0は使えなくなる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは7月16日(現地時間)、通話/メッセージングサービス「Skype」のデスクトップ版をバージョン8にアップデートしたと発表した。Windows 10向けはUWP(Universal Windows Platform)として、それ以前のWindowsではアプリのアップデートとしてダウンロードする。

 これは現行の「Skype 7.0」に置き換わるもので、9月1日以降はSkype 7.0は機能しなくなる。Microsoftはそれまでにアップデートするよう推奨している。米AppleのiPad向けSkypeアプリのバージョン8.0もローリングアウト中だ。

 skype 1

 旧版を使えなくするのは「すべてのユーザーに最善のSkype体験を提供するため」。アップデートしても過去の会話履歴などが失われることはない。Microsoftは「9月1日以降は稼働するのはバージョン8.0のみになる」としている。

 Skype 8.0の主な新機能は以下の通り。

  • ビデオ通話の解像度がHD(1080p)に
  • @mentionsが利用可能に
  • 過去にやり取りしたファイル、リンク、画像を検索できる「Gallery」の追加
  • 300MBまでのファイルをドラッグ&ドロップで共有可能に
 skype 2 ビデオ通話がHDに

 今夏中に、既読通知、エンドツーエンドの会話の暗号化、通話の録音機能などの新機能を追加していく計画だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -