ニュース
» 2018年10月04日 07時28分 公開

次世代Wi-Fi「IEEE 802.11ax」は「Wi-Fi 6」に、「n」は「4」、「ac」は「5」に──Wi-Fi Alliance

Wi-Fi Allianceが、Wi-Fiの世代がすぐ分かるよう新たな命名方法に変更する。現行の「IEEE 802.11n」は「Wi-Fi 4」に、「IEEE 802.11ac」は「Wi-Fi 5」に、次世代の「IEEE 802.11ax」は「Wi-Fi 6」になり、スマホのアイコンにも数字が表示される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 無線LAN標準化団体のWi-Fi Allianceは10月3日(現地時間)、「IEEE 802.11ax」ベースの次世代Wi-Fiの名称を「Wi-Fi 6」とすると発表した。ユーザーがWi-Fi製品およびネットワークについて理解しやすくするための新たな命名アプローチの一環としている。

 2世代前までさかのぼって名称をつける。つまり、以下のようになる。

  • 「802.11n」サポート製品およびサービス →「Wi-Fi 4」
  • 「802.11ac」サポート製品およびサービス→「Wi-Fi 5」
  • 「802.11ax」サポート製品およびサービス→「Wi-Fi 6」

 Wi-Fi Allianceのエドガー・フィゲロア社長兼CEOは発表文で、「ユーザーは20年近くの間、技術的な名称で自分の端末が最新のWi-Fiをサポートしているかどうか判断しなければならなかった」が、Wi-Fi 6と新しい命名方法で端末や接続サービスの世代を簡単に理解できるようになると語った。

 Wi-Fi Allianceは、アライアンスのメンバーだけでなく、広くOSや端末のメーカーに対し製品のスペックで新しい名称を使うよう推奨している。

 これが普及すると、スマートフォンでWi-Fiに接続している状態を示すアイコンに4、5、6の数字が付くようになる。外出先のWi-Fiスポットでも提供Wi-Fiの種類が分かる。

 wifi 1 Wi-Fiの世代が分かる表示

 以下はメーカー側でカスタマイズするアイコンのサンプル。

 wifi 2

 また、Wi-Fi 6からはWi-Fi Allianceによる認証も「Wi-Fi CERTIFIED 6」になる。802.11nとacは従来のままだ。

 wifi 3 Wi-Fi CERTIFIED 6のロゴ

 802.11axは、802.11acよりデータ転送速度が30%向上し、レイテンシを4分の1に抑えつつ、同じ周波数帯でのデータ容量を4倍にすることを目指した規格。Wi-Fi CERTIFIED 6認証は、2019年開始の見込みだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -