ニュース
» 2018年11月21日 08時45分 公開

App Storeから消えたTumblrアプリ、原因は子供虐待コンテンツ

原因は子供に対する性的虐待コンテンツがチェックをすり抜けてしまったことにあったと説明している。

[鈴木聖子,ITmedia]

 ソーシャルブログサービス「Tumblr」のiOSアプリがApp Storeから消えた問題について、Tumblrは11月19日、原因は子供に対する性的虐待コンテンツがチェックをすり抜けてしまったことにあったと説明した。

 Tumblrアプリは米国時間の2018年11月16日にApp Storeから削除され、同社が問題の解決に当たっていることを明らかにした。

photo 削除されたTumblrのiOSアプリについて、同社が問題の解決に当たっていることを明らかにした

 19日の更新情報の中でTumblrは、「全ユーザーにとって安全なオンライン環境構築を支援するため、子供に対する性的搾取や虐待のコンテンツについては一切容認しないポリシーを定めている」と強調。業界のパートナーや、行方不明の子供救出を支援する米団体NCMECと連携して、Tumblrにアップロードされるコンテンツについては積極的に監視していると説明した。

 このポリシーに基づき、Tumblrにアップロードされる画像は全てスキャンして、既知の子供の性的虐待コンテンツ情報を登録した業界データベースと照合している。しかし定期監査を通じ、このデータベースにまだ登録されていないコンテンツがTumblr上で発見されたという。

 問題のコンテンツは即座に削除し、iOS向けApp Storeでのアプリ提供の再開に向けて対応を続けていると同社は報告。「コンテンツの安全を守ることは大規模プラットフォーム運用上の課題であり、改善のためのさらなる措置を継続的に検討している」と説明している。

関連キーワード

Tumblr | App Store


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -