真説・人工知能に関する12の誤解

「真説・人工知能に関する12の誤解」の連載記事一覧です。

【追補編】真説・人工知能に関する12の誤解(19):

「データがあれば人工知能は正しい判断をしてくれる」。そう思う人は多いですが、一方で人工知能ができないこと、苦手とすることもあるのです。今回は、人工知能を扱う上で重要な難問である「フレーム問題」についてお話しします。

【松本健太郎 , ITmedia】()
【追補編】真説・人工知能に関する12の誤解(18):

人気連載「真説・人工知能に関する12の誤解」が、書籍化を記念して期間限定で復活。今回は「人工知能はデータがそろっていれば大丈夫」という誤解がテーマです。

【松本健太郎 , ITmedia】()
【最終回】真説・人工知能に関する12の誤解(17):

人工知能に対するさまざまな誤解を取り上げてきた本連載ですが、ついに最終回となりました。今回は、なぜ私たちが人工知能を“誤解”してしまうのか、そもそもの理由を考えます。

【松本健太郎 , ITmedia】()
【増補】真説・人工知能に関する12の誤解(16):

いくつかの質問に答えるだけで退職リスクを判断される――。最近の人工知能は、人間の感情や心を評価するまでに進化しています。しかし、その一方でそれに違和感を覚える人も少なくはありません。この「気持ち悪さ」の理由はどこにあるのでしょうか。

【松本健太郎 , ITmedia】()
【増補】真説・人工知能に関する12の誤解(15):

政府が国民に対して一律に所得を支給する「ベーシックインカム」。その実現にあたっての大きな障壁は“財源”のみになりつつあります。今回は財源という側面から、ベーシックインカムの実現性を考えてみようと思います。

【松本健太郎 , ITmedia】()
【増補】真説・人工知能に関する12の誤解(14):

「人工知能に人間の仕事が奪われる」という可能性が論じられている今、政府が一律に所得を支給する「ベーシックインカム」が注目されています。人工知能時代にこそ、必要な施策だと主張する人が増えているのをご存じですか?

【松本健太郎 , ITmedia】()
【増補】真説・人工知能に関する12の誤解(13):

人工知能に判断を任せられる領域が広がってきています。しかし、それが「信頼できる」ものかどうかは考え続けなければいけません。先日も、人工知能が“思い込み”で判断していると疑われる例が「司法」の現場で飛び出しました。

【松本健太郎 , ITmedia】()
真説・人工知能に関する12の誤解(12):

世界各国が人工知能開発に惜しみない投資を行っています。日本は投資や支援が遅れているという声もありますが、他国の状況はどうなのでしょうか。米国はもちろんのこと、最近は中国の動きに注目すべきです。

【松本健太郎 , ITmedia】()
真説・人工知能に関する12の誤解(11):

来るべき“人工知能時代”に、人間に求められる能力は何か? そんな問いに対して「人間力」を挙げる人が増えてきています。結局これって、具体的に一体どんな力なのでしょうか。そしてそれを高めるための方法は……?

【松本健太郎 , ITmedia】()
真説・人工知能に関する12の誤解(10):

日本にはAIを開発する先端IT人材が不足している――。このような問題が叫ばれています。それを解決するために、政府も動き出しています。しかし、そのアプローチは正しいものなのでしょうか?

【松本健太郎 , ITmedia】()
真説・人工知能に関する12の誤解(9):

人工知能に人間が駆逐されるというストーリー。私の友人は「自我の有無とは関係なく、悪意を持った人間によって開発される人工知能が大問題だ」と言いました。これは非現実的な話でしょうか? 私は、そうとは思いません。

【松本健太郎 , ITmedia】()
真説・人工知能に関する12の誤解(8):

進化した人工知能が自我を持つ――。人工知能にまつわるよくある議論の1つですが、実際に開発しているエンジニアからすれば、全く現実的な話ではありません。それでも、なぜ人は、人工知能に自我が芽生えると思ってしまうのでしょうか。

【松本健太郎 , ITmedia】()
真説・人工知能に関する12の誤解(7):

人工知能には質のよいデータが必要――。昨今、多くの企業がさまざまなデータを取得しようとしていますが、プライバシーの問題が立ちはだかるケースも少なくありません。しかし、法律がデータ活用に歯止めをかけている、というのは間違った認識だと思います。

【松本健太郎 , ITmedia】()
真説・人工知能に関する12の誤解(6):

人間を超えた知能を得た人工知能が暴走し、人間が支配される――。第3次人工知能ブームの初期のころは、そんなSFのような話がよく聞かれましたが、最近では少なくなってきました。むしろ、人工知能で問題とすべきリスクは別のところにあります。

【松本健太郎 , ITmedia】()
真説・人工知能に関する12の誤解(5):

「人工知能をダウンロードして使ってみたい」 こんな相談を受けることがありますが、そんなことはできません。こうした勘違いをしてしまうのは、人工知能の根幹技術である「機械学習」について、よく理解していないからではないかと考えています。

【松本健太郎 , ITmedia】()
真説・人工知能に関する12の誤解(4):

人工知能を事業に導入したい――そう言われたら、あなたはすぐにアイデアが浮かんできますか? 思い浮かばなかったという人、それには理由があるのです。

【松本健太郎 , ITmedia】()
真説・人工知能に関する12の誤解(3):

昨今、ロボットや人工知能を「疲れ知らずの労働力」や「自動化の道具」だと捉える人もいますが、本当にその考え方で正しいのでしょうか。

【松本健太郎 , ITmedia】()
真説・人工知能に関する12の誤解(2):

人工知能に仕事が奪われる――。この言葉は、昨今の人工知能ブームを生んだ原因の1つでしょう。しかし、言葉だけが先行してしまい、誤った認識が広まっているのも事実だと言えます。

【松本健太郎 , ITmedia】()
【新連載】真説・人工知能に関する12の誤解:

人工知能という言葉が“マーケティング用語”のような形でちまたにあふれる昨今、人工知能に対してさまざまな誤解が生まれています。この連載では、いろいろな角度から、それらの誤解を検証していきます。

【松本健太郎 , ITmedia】()

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -