DATA INNOVATION データから真価引きだすプラットフォームの作り方

仮想化とクラウドは「情報システム上に流通するデータ量の飛躍的な増大」をもたらしました。そして膨大なデータから新たな価値を発見するためのデータ活用が注目される中で、IT部門のミッションは、データをきちんと活用できるよう、物理/仮想とも偏在したデータをシステムに循環させるためのインフラ――人体に例えれば血管――をいかに最適化するかが、運用管理上の課題なのです。真にデータ活用を生み出すプラットフォームはどのように作り上げるのか。その答えをお伝えしす。



ビッグデータ活用に注目が集まる中、IT部門のミッションは「企業内に散らばるデータを正しく循環させること」――すなわち、物理/仮想環境に偏在したデータの流通経路を最適化することが求められている。データ活用を実現するプラットフォームをいかに構築すべきか? その答えを紹介しよう。

提供:株式会社日立製作所
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia エンタープライズ 編集部/掲載内容有効期限:2014年6月30日

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.