ITで日本を“加速”する ―テクノロジーで現状を打破し、新たなステージへ―

「世界最先端IT国家へ」。 安倍首相は「ITは成長戦略のコア」と位置付け、「2020年までに世界最高水準のIT利活用社会を実現する」ことを目標に挙げ、国として取り組んでいくことを力強く宣言しました。 その施策の中には、ビッグデータの活用やサイバーセキュリティ強化、公共データの民間開放や農業/医療分野へのIT導入など、最新トレンドが盛り込まれており、大いに期待できる内容です。 このような2020年に向けたITの明るい希望がある一方で、足下を見ると「運用を自動化したのに、紙の申請書が必要」や「経営がIT=コスト削減としか考えていない」「システムが肥大化していて管理しきれない」といった“目の前に横たわる現実の問題”も、多く存在しているのが実情です。 2020年におけるテクノロジーの飛躍はわれわれの想像をはるかに超えるに違いありません。しかし、現実の問題も解決しなければ、その先の夢を見ることも難しいでしょう。本特集では、目の前の問題への解決策を提供しつつ、来る2020年に向けたITの進化を予測して示していきます。

SERIES

Special Contents

クラウドや仮想化が身近になったものの、ネットワークの仮想化は進んでいないという企業は多い。コスト削減や効率化、ビジネスのスピードアップなど、さまざまなメリットがある一方で導入が進まないのには、日本企業の情報システム部門が抱える課題があるという。

OpenViewの名は消えても魂は消えず:

ITインフラを支えるネットワーク管理は地味な存在かもしれないが、歴史をひも解けばITのドラスティックな変化へ対応しながら、その潮流をリードしてきた。ネットワーク管理の代名詞にもなった「OpenView」の26年の歴史を通じて、ネットワーク管理がITの未来を担う理由を解き明かしたい。

仮想化やクラウドなど、企業システムの技術は日進月歩で進化しているが、デメリットもある。運用管理作業が複雑になってしまうことだ。複雑な作業を標準化し、自動化しようという動きもあるが、なかなか導入が進まないのが現状だ。そこには運用管理を取り巻く“七不思議”があるという。

エバンジェリスト未来座談会:

アイデアが新しいビジネスを生み出す――昔は企業でないと難しかったことが、今では個人でも簡単にチャレンジできる時代になった。これから企業はどんな戦い方をしていくのか。ITエバンジェリストたちがアイデア・エコノミーの未来をズバリ予想する!

新ビジネスを一刻も早く立ち上げたい――こうした要求に応えるべく、Dockerを活用したシステムの開発・展開・運用のサイクルを迅速化するDevOpsが注目を集める。そのために実はDevOpsに最適なハードウェアも必要になることをご存じだろうか。日本ヒューレット・パッカードが提案する「Docker + 超高密度」の新たなアプローチをご紹介したい。

エバンジェリスト未来創造会議:

ITを駆使してビジネス競争力を強化する。それがすべての企業とIT担当者に化せられたミッションだ! ……言いたいことは分かるが、どうやって? ITエバンジェリストが集まる「未来会議」より、将来のヒントを探ろう。

ハードウェアを愛するエバンジェリストが叫ぶ、サーバの“これから”:

仮想化やクラウドが注目され、サーバ自体が脚光を浴びることは少なくなった……のだろうか。「否!」と声高に叫ぶ熱い男がいる。

企業は、デジタルデータ“永久保存時代の到来”をどう構えるべきか:

あらゆる情報のデジタル化が急速に進み、データ量が「爆発的な勢い」で増えている。そうした中、どれほどのデータをどれだけ保管すべきかに悩むIT担当者は少なくない。果たして、理想とされる「データ管理のあり方」とは何なのか。先進技術を追うストレージエバンジェリストによる「その将来の予言」から、我々が何をすべきかを考えよう。

HPエバンジェリストに聞く、オリンピックに向けてITができること:

「ビッグデータを活用したい」と考える企業は多いものの、実際にデータを分析するとなると、解析の手法やツール、コストに悩まされるものだ。ここでは、事例を元にオープンソースソフトウェアをうまく活用する方法を紹介していく。

HPエバンジェリストに聞く、オリンピックに向けてITができること:

企業内システムのクラウド化が進む昨今、「クラウドを活用して競争力を上げたい」と考える企業は多いものの、「でも、どうすればよいのかが分からない」と途方に暮れる担当者も多い。ここでは事例からクラウドの活用法を探る。

Archives

ビッグデータ解析最前線:

企業の“ビッグデータ活用”への期待度は高い。しかし、現実には「ビッグデータは持っているが活用はできていない」という企業がほとんどだろう。ここでは、思いがけない方法でビッグデータ分析を活用している事例などを紹介する。

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia エンタープライズ編集部/掲載内容有効期限:2016年10月31日

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.