スピード経営、グローバル経営に有利な“ERP選び”を考える

今、リアルタイム経営を目指す企業の注目を集めているクラウド型ERP。売上や原価、在庫や進捗などの一元管理が可能になり、瞬時に企業の経営状態を把握できるようになることから、導入を検討する企業が増えているのです。本企画では、クラウド化が進むERP市場の動向やグローバル時代、スピード経営時代のERP選定のポイントを紹介します。

ERP最新動向解説

2016年は、ERP市場が大きく動く年になるかもしれない。これまでオンプレミスが当たり前だったERPのクラウド利用が、いよいよ本格化し始めているからだ。激しいシェア争いを繰り広げるグローバル対応ERPベンダー各社の最新動向を追った。

Special

国内市場の縮小が深刻化する中、日系企業が生き残りを賭けて新興市場への進出に踏み切っている。そこで重要になるのが“スピード経営”に必要な情報の可視化。グローバル経営を成功させるために必要なERPの機能とはどんなものなのか――。スーパーストリームCTOの山田誠氏に聞いた。

ERP関連製品情報 from キーマンズネット

おすすめのERP関連製品の資料をまとめてダウンロードすることができます。
ご覧になりたい製品にチェックを入れ、「資料ダウンロード」ボタンを押して下さい。

●キーマンズネット会員の方は、こちらからログインしてご利用下さい。
●別ウインドウでキーマンズネットのページが開きます。
キーマンズネット会員では無い方もご利用いただくことができます。

提供:スーパーストリーム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia エンタープライズ編集部/掲載内容有効期限:2016年3月31日

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Special

国内市場の縮小が深刻化する中、日系企業が生き残りを賭けて新興市場への進出に踏み切っている。そこで重要になるのが“スピード経営”に必要な情報の可視化。グローバル経営を成功させるために必要なERPの機能とはどんなものなのか――。スーパーストリームCTOの山田誠氏に聞いた。

スポンサーリンク