海外速報

新着情報

icon

FBIは関係機関と連携して、マルウェア「VPNFilter」の制御に使われていたドメインを差し押さえ、FBIがコントロールするサーバにトラフィックをリダイレクトさせる措置を講じた。

(5月25日 10時00分)
icon

Twitterが、タイムラインに表示される政治関連広告のガイドラインを発表した。また、米中間選挙に出馬する候補者のプロフィールとツイートに、5月30日から「選挙ラベル」を表示する。

(5月25日 09時14分)
icon

Facebookが、中間選挙の予備選が始まっている米国で、政治関連広告での広告主明示ラベルの表示を開始した。

(5月25日 06時55分)
icon

Facebookが、これまで携帯電話番号が必要だったログインの二段階認証で、「Google Authenticator」などのアプリで生成する要素を使えるようにし、携帯電話番号の登録を不要にした。

(5月24日 14時34分)
icon

Facebookがフェイクニュース対策の新たな3つの取り組みについて説明した。アカデミー賞受賞経験のある監督による啓蒙ショートフィルム作品の公開、ニュースフィードと紙広告でのキャンペーン、外部団体による問題研究の支援だ。

(5月24日 13時53分)
icon

ドナルド・トランプ米大統領のTwitterアカウント「@realDonaldTrump」からブロックされた複数のユーザーがこの行為を憲法違反だとして訴えた裁判で、連邦地裁はブロックは違憲という判決を下した。

(5月24日 11時22分)
icon

感染したデバイスに対して「kill」コマンドが実行されれば、大量のルータが同時に使用不能に陥る恐れもある。

(5月24日 10時15分)
icon

Appleが、ユーザーが自分のデータとプライバシーを一元管理するWebサイト「データとプライバシー」を開設した。Appleが保管している個人データのダウンロードやアカウントの削除などが可能になる。まずはGDPRが施行されるEUで有効になり、他の地域でもすべての機能が利用可能になる。

(5月24日 09時46分)
icon

Appleは、保証外の「iPhone 6」以降のバッテリー交換費用値下げ前に、正規料金でバッテリーを交換したユーザーに対し、値下げ分の50ドル(日本では5600円)を払い戻すと発表した。

(5月24日 06時44分)
icon

Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOがEUの欧州議会の会議に出席し、個人情報流出問題についてあらためて謝罪した。間もなく施行のGDPR「一般データ保護規則」を順守するとも語った。

(5月23日 09時10分)
icon

Twitterが、Mac版に続き、Android TV、Xbox、Roku版の公式アプリも終了する。今回は2日前に告知した。

(5月23日 07時33分)
icon

Facebookの都市向け無料高速Wi-Fi構想「Terragraph」の技術をQualcommが自社チップセットに組み込む。両社は2019年半ばにテストを開始する計画だ。

(5月22日 11時23分)
icon

AdobeがECサイト構築ツール提供のMagentoを買収し、企業向けクラウドAdobe Experience Cloudに統合する。買収総額は約17億ドルだ。

(5月22日 10時12分)
icon
Netgearのルータが標的に:

「Mirai」をベースにした新手のボットネット型マルウェア「Wicked」は、ルータなど特定のIoTデバイスの脆弱性を悪用する。

(5月22日 10時00分)
icon

Intelなどのプロセッサに発覚した「Meltdown」「Spectre」と呼ばれる脆弱性に関連して、新たに2件の脆弱性が確認された。

(5月22日 09時40分)
icon

Netflixが第44代米大統領のバラク・オバマ氏夫妻とオリジナルコンテンツ制作で契約した。ドキュメンタリーや台本のあるシリーズ番組を制作し、世界190カ国で配信する計画だ。

(5月22日 09時12分)
icon

Acerが、1月に予告したAmazonのAIアシスタント「Alexa」を一部のモデルにプリインストールした。購入済みのPCでも、一部のモデルでは今後のアップデートでAlexaを利用できるようになる。

(5月22日 06時55分)
icon

Strategy Analyticsによると、1〜3月に世界で出荷されたスマートスピーカーは前年同期比278%の940万台。メーカー別シェアではAmazonがトップ、Googleが2位だが、中国のAlibabaとXiaomi、Appleもシェアを拡大している。

(5月18日 10時42分)
icon

HTTPS接続をデフォルトと見なして「保護された通信」の文字を外す一方、HTTP接続に対しては赤いアイコンと文字で警告する。

(5月18日 09時30分)
icon

Appleが、「Global Accessibility Awareness Day」である5月17日に、「Swift」でのプログラミングを学ぶ「Everyone Can Code」を視覚や聴覚などに障害があっても学べるようにする取り組みを発表した。

(5月18日 08時43分)

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -