海外速報

新着情報

icon

現時点での対象は、Dropbox、LINE、Snapchatなどの一部アプリに限定。研究者がアプリ開発者に報告して問題が解決されると、Google Playから報奨金が贈呈される。

(10月20日 09時35分)
icon

問題のアプリはMinecraft PEのキャラクターの外見を変更できるとうたい、バックグラウンドで高度な攻撃機能を実装していた。

(10月20日 09時04分)
icon

デスクトップ向けWebブラウザ「Chrome 62」の安定版が公開され、35件のセキュリティ問題が修正された。

(10月20日 08時43分)
icon
252件の脆弱性を修正:

今回のパッチでは計252件の脆弱性を修正した。中でもSiebel CRMやFusion Middlewareなどには極めて深刻な脆弱性が存在する。

(10月19日 09時45分)
icon

Windowsを狙った限定的な標的型攻撃が発生しているといい、最優先でアップデートを適用するよう促している。

(10月18日 20時24分)
icon

Infineon製のセキュリティチップに、RSA秘密鍵を取得されてしまう脆弱性が発覚。問題のセキュリティチップはGoogleやMicrosoftなど幅広いメーカーの製品に使われている。

(10月18日 08時25分)
icon

Microsoftは10月10日に公開した月例セキュリティ更新プログラムで対応済み。特に深刻な影響が指摘されるAndroidは数週間以内に対応予定だという。

(10月17日 10時11分)
icon
特にAndroidに深刻な影響:

影響はAndroidやLinux、Windowsなど広範に及ぶことから、修正パッチが公開され次第、適用するようユーザーに呼び掛けている。

(10月17日 09時49分)
icon

Secureworksによると、「BRONZE BUTLER」と呼ばれるサイバースパイ集団は、日本語を使いこなし、日本企業がよく使うツールの未解決の脆弱性を突くなどの手口で機密情報を盗み出す。

(10月16日 08時45分)
icon

Equifaxの公式サイトのリンクをクリックすると、Flash Playerのインストール画面に見せかけた不正なページにリダイレクトされ、アドウェアをインストールさせる仕掛けになっていた。

(10月13日 08時50分)
icon
1日に何千回も起動:

「Google Home Mini」が1日に何千回も起動して、家の中の音声や物音を勝手に録音し、Googleに送信してしまうという問題が報告された。

(10月12日 08時45分)
icon
パスワード詐取に悪用の恐れ:

アプリによってシステムダイアログに見せかけたポップアップを表示し、Apple IDのパスワード入力を求めることは、極めて簡単だという。

(10月11日 09時36分)
icon

Internet ExplorerやEdge、Windowsなどに深刻な脆弱性が存在する。

(10月11日 09時00分)
icon

情報を盗み出すマルウェア「FormBook」に感染させようとする電子メールが、この数カ月で大量に出回っているという。

(10月10日 09時00分)
icon

2013年8月の事件で被害に遭ったユーザーアカウントは、当初10億と説明していたが、その後の調査の結果、当時存在していた約30億のアカウント全てが被害に遭っていたことが分かった。

(10月5日 08時50分)
icon
不正アクセスを検知できず:

Equifaxのセキュリティ部門が行ったスキャンではApache Strutsの脆弱性を発見できず、同社のセキュリティツールも不正アクセスを検出できなかった。

(10月4日 08時55分)
icon

10月の月例パッチは「2017-10-01」「2017-10-05」の2本が公開された。端末メーカーなどのパートナー向けには少なくとも1カ月前に通知されている。

(10月3日 09時15分)
icon

Androidやデスクトップ向けLinuxディストリビューション、ホームルータ、IoTデバイスなどの幅広いシステムに使われている「Dnsmasq」に脆弱性が見つかり、パッチが公開された。

(10月3日 08時52分)
icon

「Firefox 56」「Firefox ESR52.4」では多数の深刻な脆弱性に対処。Android版ではFlashのサポートが打ち切られた。

(10月2日 09時00分)
icon

WannaCryのキルスイッチを発見したことで知られるマーカス・ハッチンズ氏が、別のマルウェアに関与したとしてFBIに逮捕された。

(8月4日 08時50分)

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -