海外速報

新着情報

icon
生物医学の研究所が標的に:

このマルウェアは生物医学の研究所を標的に、何年も前から検出されないまま出回っていたと考えられる。

(1月20日 09時13分)
icon

「適切な認証なしにインターネットに直接露呈されているデータベースサービスは、データを盗まれたり、消去されたりする危険がある」とセキュリティ企業は警鐘を鳴らしている。

(1月20日 08時47分)
icon

セキュリティ研究者が「SmartCam」カメラの脆弱性を突いて、管理者権限でリモートからコマンドを実行できることを実証したとして、詳細情報や実証ビデオを公開した。

(1月19日 09時04分)
icon

更新版の「GarageBand 10.1.5」と「Logic Pro X 10.3」では、それぞれ1件のメモリ破損問題を修正した。

(1月19日 08時34分)
icon

大手サードパーティーのサービスにアクセスできるAPIキーなどがハードコードされたAndroidアプリが多数見つかった。

(1月18日 08時47分)
icon

SMBの潜在的な脆弱性に関する情報が公開されたとして、SMBのレガシーバージョンを無効にするなどの対策を徹底するよう米US-CERTが呼び掛けた。

(1月18日 08時21分)
icon

安易なパスワードの筆頭格「123456」は約17%ものユーザーが使っていたほか、「123456789」「qwerty」などのパスワードが依然として上位を独占している。

(1月17日 09時22分)
icon

2月からは従来の月例セキュリティ情報ページへのサマリー掲載を中止し、新ポータルのみを通じて更新情報を提供する。

(1月17日 08時57分)
icon

一部のSSL証明書が適切なドメイン検証を経ずに発行されていたことが分かり、8850件の証明書を米太平洋標準時の1月10日付で失効させる措置を講じたという。

(1月13日 09時07分)
icon

米国家安全保障局(NSA)が監視活動に使ったとされるハッキングツールを流出させた集団が活動停止を宣言し、Windowsハッキングツール58本を無料で公開すると発表した。

(1月13日 08時50分)
icon

名前など一部の情報を入力しただけで、ユーザーが知らないうちに住所や電話番号、会社名といった情報まで送信してしまう恐れがある。

(1月12日 08時42分)
icon
遠隔操作でペースを乱せる可能性:

悪用されれば、心臓ペースメーカーのペースを乱したり、ショックを与えたりすることができてしまう恐れがあるという。

(1月11日 09時18分)
icon

Flash Playerの更新プログラムが「緊急」、OfficeおよびEdge、LSASSの更新プログラムは「重要」に指定している。

(1月11日 08時55分)
icon

AdobeはFlash Playerを直ちに最新版に更新するよう呼び掛けている。Acrobat/Readerのセキュリティアップデートも公開された。

(1月11日 08時22分)
icon

Androidの月例パッチを米Googleが1月3日付で公開。深刻な脆弱性が多数修正されている。

(1月10日 08時30分)
icon

米国時間の1月10日にはMicrosoftがWindowsの月例セキュリティ情報を公開するほか、AdobeがFlash Playerなど他のソフトウェアのアップデートを公開する可能性もある。

(1月10日 08時11分)
icon

オーストラリアの企業向けプロダクティビティツール企業、Atlassianが、競合する米Trelloを買収すると発表した。Trelloは独立したサービスとして今後も運営を続ける見込みだ。

(1月10日 07時38分)
icon

PHPからのメール送信に使われている、「世界一人気の高いコード」に重大な脆弱性が見つかった。「パッチを適用しないまま放置すれば悪用される」と専門家は警告している。

(12月27日 08時41分)
icon

App Storeで配信するアプリに対してHTTPS利用を義務付ける「App Transport Security」(ATS)は、当初2016年末を期限としていたが、開発者から戸惑いや反発の声が出ていた。

(12月26日 08時12分)
icon

機内エンターテインメント(IFE)システムの脆弱性を指摘したIOActiveの調査結果について、パナソニックアビオニクスが「不正確で誤解を招く内容が多数含まれている」と反論した。

(12月22日 08時41分)

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -