レビュー
2005/01/31 16:49 更新

速攻レビュー:
任天堂GBA SP/DSをAVプレーヤーに――「プレイやん」を使ってみた (1/5)

任天堂の「プレイやん」は、ゲームボーイアドバンスSPやニンテンドーDSで動画/音楽ファイルを再生できるようにするカートリッジだ。たった5000円で携帯ゲーム機がAVプレーヤーに変身する話題の製品を発売前にレビューしてみた。

 携帯ゲーム機には、総合エンターテイメント端末の要素が不可欠となった。

 それもそのはず、モバイル機器としてのライバル“携帯電話”が、通話だけでなく、テキストコミュニケーション、スチルカメラ、そして、ゲームや動画撮影/再生といった機能をすでに搭載しているのだから、対抗せざるをえないだろう。ソニーでは、PlayStation Portable(PSP)に最初から動画再生機能を搭載させてきた。

 一方の任天堂はというと、ゲームボーイアドバンスの時点で、すでにam3が「アドバンスムービー」を発売していた。「名探偵コナン」などが収録されたスマートメディアベースのムービーカードを買って、アドバンスムービーに挿し込み、それを通常のカートリッジと同様にゲームボーイアドバンスに装着すれば、映像を楽しめる(コンテンツは“アニメ自動販売機”「アドバンスガシャポン」での書換も想定されていたが、いまだ限定的な展開にとどまっている)。

photo

スマートメディアと専用カートリッジを使った「アドバンスムービー」

 また、GAMETECHの「アドムービー」も動画再生が行える製品で、しかも、自分で用意した動画を圧縮し、コンパクトフラッシュに保存すればいい。さらに音楽も楽しめる。ただし、任天堂のライセンスを受けた商品ではないので、パッケージやマニュアルにも「ゲームボーイ」という表記は一切ない。まあ、それはどうでもよいのだが、本体起動認証用に市販ゲームも同時に挿しておかねばならない。そのスロットが「アドムービー」上に用意されているため、かなり大きなサイズのカートリッジになっている。

photo

任天堂「プレイやん」

 今回、任天堂がオンライン販売で提供する「プレイやん」は、ゲームボーイアドバンスSP(ゲームボーイアドバンスには非対応)やニンテンドーDSで、SD-VIDEO規格準拠(動画コーデック・MPEG-4、音声コーデック・G.726 32kbps、ファイル形式・ASF)の動画ファイルを再生できるようにするカートリッジだ。

photo

SDスロット、デコードチップ、ヘッドフォンジャックを装備しつつ、通常のカートリッジより若干大きめのサイズに収まっている「プレイやん」。レビューで使用したのは試作機なので、デザインは若干製品版と異なる

 記録メディアはSDカードを採用し、「プレイやん」に装備されたスロットへ挿入して使用する。また、MP3形式の音楽ファイルの再生も可能で、カートリッジにはミニジャックのヘッドフォン端子がついている。

photo

SDは表面を下にしてカートリッジの側面から挿入。GBA/NDS本体に「プレイやん」が入れたままでは交換不可能

      | 1 2 3 4 5 | 次のページ

[浅井研二,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping