ニュース
2005/03/02 06:01 更新

アジア オンラインゲーム カンファレンス2005:
ナムコ初のRTSはオンラインゲームに一石を投じるか (1/2)

2月28日、3月1日の2日間に渡り開催された「アジアオンラインカンファレンス2005」の最終セッションでは、現在テスト設置中のナムコ初のRTS「NEW SPACE ORDER」を具体例にした市場考察が、ナムコCTカンパニーCTクリエーターGディレクター高橋徹氏により語られた。

MMOではなく、なぜRTSなのか?

 ナムコがPCで開発を行っている「NEW SPACE ORDER」(以下、NSO)を具体例に、ナムコCTカンパニーCTクリエーターGディレクターである高橋徹氏がセッションを行った。全体の流れとしては、「NSO」の概要、次に現状の市場を意識して「NSO」に取り入れた仕様部分のふたつとなる。

 まず「NSO」についてだが、現在は知・好・楽(チコウラク)というネットカフェの新横浜店、高田馬場店でテスト設置がされているRTSのことである。

 なぜMMOではなくRTSなのか?高橋氏曰く「例えばMMOのゲームコミュニティだと、自分で育て上げたキャラクターや、冒険を通じて培った友情などによって、結束度が高くなる。逆にRTSのゲームコミュニティはキャラクターを育てるといった要素が強くない。そうなると、より良い試合を提供できる製品に対して、ユーザーは以前属していたゲームコミュニティに引っ張られることなく、来てくれるのではないかと考えた」とのことだ。

photo

ナムコ CTカンパニー CTクリエーター Gディレクター 高橋徹氏


 さらに言えば、現在のRTS市場は続編に継ぐ続編となっており、そうした状況の中で新規である「NSO」を入れるのは、非常に良い時期だという。続編タイトルは、前作をやっていたコミュニティーを引っ張ってこられるというメリットがある反面、(大幅に手を加えない限り)前作からプレイしているユーザーと、続編からプレイしているユーザーの差が埋まらないという問題がある。

 つまり新規ユーザーがRTS市場に入りづらいということだ。そこにゼロから始まる新しいタイトルを投入することで、幅広いユーザーを引っ張ってこられるのではないか、と高橋氏は考えている。

 また、個人的な意気込みとして、「『スタークラフト』に代表されるように、アジアの人たちはRTSが好きなんですけど、そのすべてが欧米から入ってきたものなんです。だからこそ、ナムコとしてアジア初の世界を席巻するようなRTSタイトルを出せれば」という思いもあるとのことだ。

 では、「NSO」とはどんなゲームなのか?簡単に言ってしまうと、舞台は宇宙で、星を取り合う陣取りゲーム。「プレイヤーはあたかも大統領のように内政を指導して、艦隊司令官のように数百のユニットを操る」(高橋氏)のだという。最大通信人数は8名で、1ゲームのプレイ時間は20分〜1時間が想定されている。

 ゲームの概要を理解するために流されたのはOPムービーだった。とは言え、ここでも「NSO」独自のアプローチが存在しているという。マシンを酷使するよな「ポリゴンバリバリ」のムービーでもなければ、「ゲーム画面を利用した」ムービーでもない。見せられたのは、アニメのようなムービーであった。これは幅広いユーザーに、これ面白そうだな、と思わせられるように制作されているとのこと。

 次にシステムについての説明が行われ、新システム「スターラインシステム」が紹介された。ゲームの始まりは母星ひとつしかない状態からスタートする。ここから探査船や移民船を生産し、探査船で他の星を見つけて、移民船で移動することとなる。

photo

すべての始まりは母なる星から。星を繋げることに夢中になっていると、いつの間にかやられてしまうこともあるかもしれない……


 移住した人々は星に入ることによって、資金や資源を採掘するという。この「星に人が入る」というのがポイントで、入れば占領状態になり、星と星が線で繋がれるようになる。これがスターラインシステムの概要だ。

 では、これにどんな意味があるのか?星は線で結ばれることにより、その星で得られる資源が共有化されるようになるという。つまり、プレイヤーはなるべく多くの星を繋いでいこう、という流れになるわけだ。逆に敵を攻撃する場合、敵の繋がりを断線するというのが目的となる。

 断線するには、その星に住んでいる人たちを倒すことになるのだが、その方法として「地上に兵隊を送り込んでその星を制圧する」「惑星を爆撃する兵器や、星ごと破壊してしまう兵器を使う」といったものがある。

photo

艦の主砲が星に向かって照射されたところ。この後、星は跡形もなくなるが、先の展開を読み、繋がる可能性などがある場合は乱射はさけたほうが良いかもしれない


 さらにもう1点の特徴としては、線と線と線が繋がり面になると、ワープが可能になるという。この機能に対して高橋氏は「従来のRTSにはないような協力であるとか、ワープによる奇襲作戦ができるということ。ただ、実際にユーザーに伝えることは星を繋いでください、ということだけです。その結果、さまざまな効果が生まれるようになっています。新しいゲームシステムなので、複雑なことを覚えてもらう必要がないように作りました」と述べた。

 なおゲームの勝敗は、敵の母星を占領、もしくは破壊すれば勝ちというルールになっている。他にも、従来のRTSにも存在するタイムアップ戦や、敵を全滅させろといったゲームルールも搭載されているとのこと。また、マップに関しては何度遊んでも楽しめるようにランダムマップが生成され、飽きることのない作りにしてあるとのことだ。

売れるオンラインゲームに共通する4つの要素とは

      | 1 2 | 次のページ

[遠藤学,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping