レビュー
2005/03/03 14:24 更新


隠れ“鉄ちゃん”に贈る「A7への誘い」

「さくら」、「あさかぜ」の廃止に涙しているあなた! いまこそ「経営シミュレーション」という大義名分の元、もう一度鉄道の世界に戻ってみませんか?

 誰が名付けたのか“鉄ちゃん”というネーミング。このレッテルを貼られることを、極端に嫌う鉄道ファンは多い。ひとたび社内の人や友人からこの言葉を投げかけられたら、それこそ「何言ってんだお前!」と、顔色を変えて必死に否定しようとする。弊社でも、それはよく目撃する光景だ。

 しかし! よく考えてみよう。“好きなものは好き”なのだ。以下に自分を否定しようとも、「さくら」が廃止されるとか、電車に乗っていたときにふと目撃してしまった「EF66」とか、通勤途中に思わず出会った新型列車とか、心動かされる場面は多いに違いない。

 そんな“鉄”なあなたにぴったりのソフトが「A列車で行こう7」(以下、A7)だ。これはあなた「経営シミュレーション」ですよ。経営シミュレーション。路線を建設しながら、その「土地」を開発し、自社の利益を追求していくゲームなのだ。決して、自分の好きなDD51が動かせるから、とか、やっぱりE231系は環状線じゃなきゃ、とかいって、線路を引っ張って楽しむゲームではないのである(嘘)。

画像

筆者の選んだシナリオ「田園風景を持つ臨海都市」。当初は市外から引かれている路線と、海辺近くを往復する貨物路線が走っているのみ

画像

登場する列車は全部で100種類。

 筆者が出会ったのは「A列車で行こう3」から。当時はNECのPC-9800シリーズ向けに発売されたソフトだ。その次の「A列車で行こう4」(以下、A4)にははまった。Windows版も購入して、いそいそと「経営」にいそしんだものだ。ええあくまでも経営が目的ですとも。

 その当時はマシンのスペックも現在とは比べものにならないくらい低かったこともあり、なんとなく「疑似3Dの世界で電車がうごめいている」というイメージをぬぐえなかったが、いまではスペックも向上し、きれいな3Dの“箱庭”をPC上に再現することができるのだ。

画像

雲まで流れるA7の世界

画像

もちろん飛行船やUFOは健在

 A4の時にはバス路線の設定までできたのだが、A7では鉄道建設および開発に重点が置かれており、町の発展に応じて道路が引かれていく。

画像

当初は何にもないところに……

画像

線路を引き、駅を建設すると、このように街ができあがる

 A7で重要になるのは、まず何と言っても「路線の設定」と「資源の確保」だ。最初は4種類のシナリオから1つを選んで始めることになるのだが、無計画に線路を引っ張るのではなく、ある程度の“グランドデザイン”を考えて、路線を引いていくことをお勧めする。

 資源は、建物を建てる時に必要になる物資。資源工場もしくは市外からの輸送によりもたらされる。工場をばんばんと建てるのもいいが、そうすると公害問題が起きて街が発展しなくなる。そのバランスを考えて配置する必要がある。

画像

とりあえず、市外からどんどん資材を輸送する路線を敷設。加えて環状線を複線で敷設して都市化を図ることにしてみた

画像

資材がないと、エラーメッセージが出て何も建てられない

 配置できる列車はいろいろあるが、収入と支出のバランスを考えるようにしよう。往復するよりも環状線を建設してぐるぐる回していった方が効率がよいのは、A列車の鉄則。環状線をどのように建設していくのかを考えて開発していった方がよい。

画像

やっぱり利益率がよいのは「AR7」。ほんとはE231系を走らせたいんですけどねー

 ということで、ひとまず作り上げた街がこれだ。もちろん、引いたばっかりなので完全な“赤字経営”。これが今後どのようになっていくのかは、また機会があったらご紹介しよう。

画像

デフォルトの街とまだあまり変化はないですが、今後に期待?

画像

うーん。これからどうなるのかかなり不安が。最初にどどんと建ててしまった超高層ビルが悪いのか。“王国”を築くのは難しいということか

(C)ARTDINK 2005 (C)CYBERFRONT 2005
企画・開発:アートディンク
発売・販売:サイバーフロント


[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping