ニュース
2005/03/04 12:16 更新


10年の時を経てあのシリーズの系譜を受け継ぐタイトルが登場――「METAL SAGA〜砂塵の鎖〜」

3D化によって進化を遂げた「METAL SAGA」。10年という時を経て蘇った本作は、あらゆる意味でこれまでを凌駕している。自分自身が作り上げる物語に酔いしれろ!

ゲームを作り上げていくのは自分自身

 「METAL MAX」(注:1991年、1993年、1995年 データイースト作品・新宿EXP商標)の系譜を受け継ぐタイトル「METAL SAGA〜砂塵の鎖〜」(以下、「METAL SAGA」)。「プレイヤーの選択権を尊重し、当事者性を大切にするRPG」と題された本作は、やるべきことは少なく、できることが多い、まさに「METAL MAX」の後継作とも言うべきタイトルだ。

 プレイヤーは決められた1本道のストーリーをなぞるのではなく、どのように進めていくのかは自分自身が決定していく。マップの移動に関しても、決められた順路といったものはなく、進み方は自由。その結果「これは自分の物語なのだ」と、プレイヤーが実感できる作りになっているとのこと。

 ゲームの内容は、ハンター(賞金稼ぎ)である主人公が、各地の酒場などから賞金首の情報を手に入れ、自分の力に見合った相手を自由に選んで戦っていくというもの。

 ハンターの他には、戦車の修理ができる「メカニック」や、戦車を必要としないほど強い「ソルジャー」、そして自分の判断で戦闘を行う遺伝子改造された「犬」などのキャラクターが登場する。

 なお、主人公の前に立ちふさがるモンスターたちも、「METAL MAX」に負けず劣らず個性豊かなモンスターたちが揃っている。

photo

モンスター「サルモネラガンナー」


photo

モンスター「からっポリタン」


 イベント総数は800以上を予定しており、体験したイベントによっては、後々のストーリー展開やエンディングが異なるとのこと。ちなみに、プレイヤー独自の物語を生成していくこのシステムは、「フローティングイベントシステム」と呼ばれている。

 他にもゲーム中には、「筋肉体操」「のみくらべ」「ドッグファイト」「ゲコゲコ大作戦」など全部で12種類用意されているミニゲームも用意されており、やり込み系のタイトルを好む人にはたまらない仕上がりとなっている。

photo

ミニゲーム「のみくらべ」


photo

ミニゲーム「ゲコゲコ大作戦」


戦車はさらなる深みを持って登場

 「METAL MAX」と言えば、戦車。というわけで、「METAL SAGA」にももちろん戦車が登場する。ここからは戦車のカスタマイズ(装備変更)についての説明を行おうと思う。

 カスタマイズできるのは、「主砲」「副砲」「SE(特殊装備)」といった攻撃用の武器。総重量に影響を及ぼす「エンジン」、防御力に影響を及ぼす「Cユニット」、そして装甲に貼り付けることで防御力が上がる「タイルパック」などで、その数は100種類以上が用意されている。

photo

 また3Dの表現が可能になったことで、戦車のペイント機能が採用されており、自分好みのカラーリングやマーキングを施すことができるようになっている。なお、このペイントはUSBマウスにも対応しているので、コントローラーでは描きにくいという人も安心だ。

 また、手に入れた車両は名称の変更も行えるので、名実共にプレイヤーオリジナルの戦車を創り上げることが可能となっている。ただ、オリジナルも良いがやはり史実にある車両を操りたいという人も多いだろう。

 どうやらそこは予想済みだったようで、「METAL SAGA」には「ティーガー(タイガー)」などの実在する有名戦車や、「メルカバ」などの「METAL MAX」ファンにはおなじみの戦車、そして「バス」などの一見戦闘に不向きな車両も用意されているとのこと。

photo

photo

 戦闘システムには、9分割されたパネルから選ぶ、コマンド入力方式が採用されており、行動スピードの早いキャラクターから順に行動していくこととなる。コマンドには「武器(攻撃)」「防御」「アイテム」「逃走」「(ゲームの進行によって覚える)特技」「(戦車の)乗降」などがある。

 なお、戦車を手に入れるまではプレイヤーは生身で闘うことになる。とは言え、やはりモンスター相手に普通の人間が太刀打ちできるはずもないので、戦闘を有利に、なおかつ生き続けるために、戦車をどれだけ手に入れるかが重要となるだろう。

photo

 また、その頼みの戦車が戦闘中に大破した場合だが、そのキャラクターは降車して生身のまま戦うとのこと。大破した戦車は、マップ上に放置されるので、牽引できる別の戦車で引っ張るなどして、修理屋に運ぶことになるのだ。

 「METAL MAX」の系譜を受け継ぐ「METAL SAGA〜砂塵の鎖〜」。近年、やり込み系で評価を受けているタイトルは幾つもあるが、その元祖ともいうべき本作がどのように仕上がってくるのか、今はただ静かに待ちたい。

METAL SAGA〜砂塵の鎖〜
対応機種PlayStation 2
メーカーサクセス
ジャンルRPG
発売日2005年春発売予定
価格7329円(税込)
(C)2005 SUCCESS/Crea-Tech
画面は開発中のものです


[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping