速報
2005/03/10 07:54 更新


MS、次世代Xboxに関する情報公表

MSが次世代Xboxに関する情報を初公開した。ハードとソフト、サービスを融合させてゲームとエンターテインメント機能強化を図っている。

 米Microsoftは3月9日、Game Developers Conferenceで家庭用ゲーム機「Xbox」の次世代版に関する詳細を初公開した。ハードとソフト、サービスを融合させてゲームとエンターテインメント機能強化を図ると説明している。

 次世代XboxはIBMと共同開発したマルチコアプロセッサアーキテクチャを採用し、ATI Technologiesと共同設計したカスタム仕様のグラフィックスプロセッサを搭載。テラフロップ以上のターゲット型コンピューティング性能を実現できる、バランスの取れたシステムを目指す。

 MicrosoftのJ・アラード副社長は、テレビゲームはコンシューマーが常時接続、常時パーソナライズ、常時高品位を求める「HD時代」に突入すると解説。次世代Xboxでユーザーとゲームや仲間、デジタルメディアをつなぐエンターテインメントゲートウェイとなる「Xbox guide」について紹介した。

 Xbox guideは、Xbox Liveに関する情報を参照して同じようなスキルや関心を持った相手を探せる「Gamer Cards」、ゲームやスキン、コンテンツなどを購入できる「Marketplace」などで構成。また、ゲーム開発者が自分の作成したコンテンツを少額でMarketplaceで販売できるようにする「Micro-transactions」、プレイヤーが自分の好きな音楽を聴きながらゲームをプレイできる「Custom playlists」の機能も提供する。

 ソフト面ではDirectX、PIX、XACT、およびこのほど発表したゲーム専用の開発環境「XNA Studio」により、ゲームの高度化、複雑化に対応するデベロッパーを支援する。

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping