ニュース
2005/03/18 20:36 更新


「劇場版機動戦士Zガンダム」5月28日より公開

劇場版「Z」の第1部「機動戦士Zガンダム−星を継ぐ者−」が、5月28日より全国でロードショウ公開される(配給:松竹)。1985年に放送されてから20年。どのような物語が展開されていくのだろうか。

 1985年に放送された「機動戦士Zガンダム」が、劇場版として今年から3部作で公開されることを、ご存じの方も多いだろう。その第1部となる「機動戦士Zガンダム−星を継ぐ者−」が、5月28日から劇場公開される(配給:松竹)。

画像

 Zガンダムの物語は、“ファーストガンダム”と呼ばれる「機動戦士ガンダム」から7年後の世界。宇宙世紀0087年、地球に住む特権階級の権益を代表する地球連邦軍のエリート部隊「ティターンズ」と、スペースコロニーに住む人々の側に立つ反地球連邦組織「エゥーゴ」の対立は深刻化し、宇宙は再び戦乱の時を迎えようとしていた……。

画像

ティターンズの「RMS-106 ハイザック」

画像

「RX-178 ガンダムMk-II」

 サイド7のスペースコロニー「グリーン・ノア」に住むカミーユ・ビダンは、スペースポートでティターンズのジェリド・メサ中尉を殴ってしまったことから事件に巻き込まれる。その後、取り調べに当たった憲兵への反発から、「ガンダムMk-II」を奪い、そのままエウーゴに参加していくことになる。

画像

カミーユ・ビダン

画像

アーガマ船内でのクワトロ・バジーナ大尉(シャア・アズナブル)

 今回の劇場版機動戦士Zガンダムは、「A New Translation(=新訳)」というサブタイトルが付けられている。原作者でもある富野由悠季総監督は、「現在の世の中に対するカウンターとして改めてこの作品を作りたい」と語り、TVシリーズのストーリーをベースにしながらも全体を再構成。劇場版として上映するための単なるダイジェスト版ではなく、キャラクターやドラマのニュアンスなどに、新たな解釈が施されている。

 劇場版では新たに描き起こされたシーンも存在する。全編に渡り「エイジング」と呼ばれる処理が施されており、16ミリフィルムによる既存の映像と、新作映像を違和感なく融合させている。

画像

ガンダムMk-IIと「RMS-117 ガルバルディβ」

 なお、第1部のストーリーは、シャアのグリプス潜入から、シャアとアムロが戦場で再開する場面までが描かれている。

画像

クワトロ大尉の専用機「MSN-100 百式」

画像

宇宙世紀0087でのアムロ・レイ


「2005年のゼータの意味」

 終わりは始まり。それを教えてくれたのが、この映画版ZGundamです。

 時代が閉塞する予感を描いたのが20年前のTV版でした。

 しかし、そのZでさえ人間関係を肯定的に捕らえていけば、次の時代の始まりの物語を描くことができると確信しました。

 第1部の始まりの鼓動は、第2部、第3部への雪崩れ込むすさまじさが過酷なものではなく、優しさを期待していただけるものなのです。

総監督:富野由悠季


スタッフ
原作・脚本・絵コンテ・総監督富野由悠季
製作吉井孝幸
企画内田健二
原案矢立肇
プロデューサー松村圭一、久保聡
キャラクターデザイン安彦良和
メカニカルデザイン大河原邦男、藤田一己
キャラクター作画監督恩田尚之
メカニカル作画監督仲盛文
美術監督東潤一、甲斐政俊
デジタル色彩設計すずきたかこ
撮影監督木部さおり
編集山森重之
スタジオ演出松尾衡
音楽三枝成彰
テーマ曲Gackt
音響監督藤野貞義
製作協力バンダイビジュアル
企画・製作サンライズ
配給松竹

キャスト
シャア・アズナブル池田秀一
カミーユ・ビダン飛田展男
ブライト・ノア鈴置洋孝
エマ・シーン岡本麻弥
レコア・ロンド勝生真沙子
ファ・ユイリィ新井里美
ジェリド・メサ井上和彦
バスク・オム郷里大輔
パプテマス・シロッコ島田敏
アムロ・レイ古谷徹
(C)創通エージェンシー・サンライズ


[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping