ニュース
2005/03/21 00:15 更新


「鉄拳5」一色に秋葉原が染まった――「コスプレキャラバン in 秋葉原」が開催

秋葉原を「鉄拳5」がジャック?多くのユーザーがコスプレコンパニオンたちとの2ショット写真撮影のため、おおいに沸き、そして散っていった店頭対戦の様子はこちら。

 既報の通り、ナムコは同社が3月31日に発売を予定している、プレイステーション2用対戦格闘ゲーム「鉄拳5」の発売直前イベント「コスプレキャラバン in 秋葉原」を開催した。

 秋葉原にある9店舗に、デフォルトコスチュームの「風間飛鳥」と、いのまたむつみ先生がデザインした「リン・シャオユウ」、そして永野護先生がデザインした「アンナ・ウィリアム」のエクストラコスチュームを着たコンパニオンが登場。店頭にて同タイトルのチラシ配布と、ユーザーとの対戦を行った。

 記者がお邪魔したのはアソビットシティ1番館。こちらには、「リン・シャオユウ」と「アンナ・ウィリアムス」が登場。ちなみにコンパニオンたちは6組に分かれて秋葉原の街を練り歩き、イベントに当たっていたとのこと。

photo

photo

photo

海外の人も参加。北米版はすでに発売されていたので、かなりの強者登場!と思いきや、どうやら初プレイだったようで、一蹴されてました……

photo

小さい子供もプレイ。心優しい「リン・シャオユウ」から勝利し、2ショット写真撮影の権利を手にしていた

 また、各店頭にはユーザー使用コントローラーとしてホリの「鉄拳5」スティック、コンパニオン使用として通常コントローラーが繋がれた試遊機が設置。本イベントに合わせて日本版の製品が使用されており、全キャラクターが使用可能となっていた。

 コンパニオンとの店頭対戦は、勝利すれば彼女たちとの2ショット写真撮影、およびその写真がもらえるというもので、次から次へと挑戦者が登場。周囲にはしり込みをしている人も合わせて、たくさんの人だかりが出来ていた。

 とは言え、意外(?)にもコンパニオンたちは強く、簡単に2ショット写真を撮れる、と甘くみていた人には、手痛いしっぺ返しを喰らわせていた。中には、一度負けたもののリベンジする人も……。

 イベント自体は開催各店舗で時間をずらして行われていたが、コンパニオンたちが街中を常に練り歩くなど、本日は秋葉原が「鉄拳5」一色に染まっていた。発売まで約2週間、この効果は絶大なものとなったことは間違いなさそうだ。

他店舗での開催の様子も紹介

photo

ソフマップ本店前の様子。こちらには「リン・シャオユウ」が登場。

photo

メッセサンオー本店前の様子。こちらには「風間飛鳥」と「リン・シャオユウ」が登場。

photo

photo

ヤマギワソフト館前の様子。こちらには「リン・シャオユウ」が登場。

photo

メディアランド秋葉原店前の様子。こちらには「アンナ・ウィリアムス」が登場。

photo

COMG! ゲーマーズ本店前の様子。こちらには「リン・ショオユウ」と「アンナ・ウィリアムス」が登場。

photo

[遠藤学,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping