速報
2005/05/10 17:54 更新


コナミは減収減益、ゲームは好調


 コナミが5月10日発表した2005年3月期連結決算は、純利益が前期比47.8%減の104億8600万円となるなど、減収減益だった。

 売上高は2606億9100万円(前期比4.7%減)、営業利益は281億3600万円(同30.9%減)、税引き前利益は274億4200万円(同31.6%減)、

 増収のゲーム事業では、「METAL GEAR SOLID 3」を北米で150万本、国内80万本など好調だった上、国内で「ワールドサッカーウイニングイレブン8」が3期連続でミリオン達成、「実況パワフルプロ野球11」がPS2版・GC版合計で70万本以上を売り上げ、4年連続で累計出荷が2000万本を超えた。ただトイ&ホビー事業が大幅な減収となった。

 今期連結業績予想は売上高が2700億円、営業利益が285億円、税引き前利益が340億円、純利益が180億円。

 ゲーム事業はスポーツシリーズを強化するほか、「ときめきメモリアル」のオンライン版を投入する。またフィギュアとアニメを合体した「フィギュアニメ」シリーズの本格展開や「極上生徒会」などオリジナルアニメ企画にも注力していく。

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping