レビュー
2005/05/11 16:25 更新

お犬様と行くGW その2:
「nintendogs」で“忠犬”の凄さを知る (1/2)

猫を飼っていながら、犬に憧れる編集者が、疑似体験とは言えついに犬を飼うことに成功。だが、どうやら向いてはいなかったようで……2番手を務めるのは人の道を踏み外しかけた私。罵倒覚悟のプレイ内容を公開!

肝心なことをド忘れ

 犬に憧れていたものの、猫を飼い始めたのが10年ほど前。今ではすっかり猫も可愛いと思うようになったが、憧れというのは消せないものだ。とは言え、犬猫両方を飼う余裕など我が家にあるはずがなく、半ば諦めかけていた時に登場したのが「nintendogs」だった。

 先のレビューでも明記されているが、Games編集部の全員、もちろん私も発売日に購入した。同僚たちが「柴&フレンズ」に惹かれる中、選んだのは「ダックス&フレンズ」。ヨークシャー・テリアを購入し、名前を「メディ」と命名。

photo

 とりあえず購入したことに安心を覚え、当日は夜も更けていたこともあり、ここでひとまずプレイを終了。これからの愛犬との生活を夢見ながら眠りについた。が、この後がいけなかった。

 というのも、「nintendogs」が発売されたのは2005年4月21日。つまりゴールデンウィーク前。しっかりと休みを取るべく、目先の仕事を一心不乱に行い、気づいた時にはすでにゴールデンウィークに突入した5月1日。

 ようやく愛犬と触れ合えると思い、電源を付けた瞬間……あれっ?我が愛犬から小さな虫がピョンピョンと跳んでいる(後にこれがノミと発覚)。しかも心なしかぐったりしているような気が。

 何が起きたのかと瞬時に愛犬の様子を確かめてみると、喉「カラカラ」、おなか「ペコペコ」、しかも最後に食べたものが「ギョーザ」と表示されている。一体何が? 誰だギョーザなんか与えたのは、と怒りを覚えていたところで重要なことを思い出す。

 そう、本作は普通のゲームと違い、電源を切っている時でも時間の経過が行われるのだ。つまり購入した時点でメディは存在していることになっており、約10日間を自力で過ごしてきたということだ。しかも様子を見る限り、家を出て食事を取った気配もある。

 本当にごめんよ、メディ!一度も触れ合っていない、こんな駄目な飼い主が来るのを健気に待っていたなんて……。

photo

呼べば必ず近くに来るメディ。この健気さに応えなくては。

愛情を取り戻せ

 というわけで、約10日間に渡る放置を乗り越えた我が愛犬の労をねぎらい、親身になってお世話を開始。とりあえず本当に購入しただけで何もしていなかったので、まずは水とドライフードを与える。

 次にやっぱりノミが跳んでいるのが気になるので、シャンプータイムとなるのだが、ここで驚くべきことが発覚。スポンジでごしごしとメディの体を洗っていると、なぜか泡が茶色なのだ。つまり、それだけ汚れていたということで、本当に飼い主失格だなと考えながらシャンプーをこなしていった。

photo

やっぱり白い泡が一番。綺麗にしていることは実感できるが、よごれる前に愛犬をシャンプーしてあげてください

 ようやく身も心も綺麗になったメディを見て、罪悪感が少しだけ軽減。これまで相手にできなかった分、思う存分撫でている最中に、ふと「しつけ」が出来ることを思い出す。あれだけ放置していたのだから、一筋縄では言うことは聞いてくれないだろうな、と思いつつ「おて」の練習をしてみるとノーミスで覚えてくれた。

 しかも「おすわり」「ふせ」「ゴローン」と、次から次へとノーミスでこなしていく我が愛犬。確か同僚は物覚えが悪いと言っていたような気がするのだが、メディに至ってはそんな様子は微塵も感じられない。

photo

 だが、賢い子だと思う以上に、あることを考えてしまう自分がいる。それは「もう放置されないように必死なのかも」ということなのだが、そう考えてしまうくらいメディは物覚えが良かった。本当にごめん、もう二度とあんなことはしないよ、メディ!

 そんなこんなで、これまでの分を取り返そうと触れ合うこと数時間。ここでまたもや大事なことを忘れていたことに気づく。そう、犬と言えば「散歩」があるじゃないですか。というわけで、早速散歩に出かけることにした。

 イベントマークである「?」を気にしながら(これだけは覚えてた)、メディの歩ける範囲内でルートを設定すると散歩がスタート。メディはどんどんとルート通りに進んでいくので、「?」マークに入るまで特にやることはないと思い、少しボーッと画面を眺める。

 するとメディは何かを相手に立ち止まったようで、それを熱心に食べている。うん、食べている? それは拾い食いだよ、と慌てて止めに入るも時すでに遅し。メディはしっかりと食してしまったようだ。しかも食あたりを起こしたらしく、心なしか動きが遅くなっている。

 どうなるのかと不安に思っていたのだが、どうやら時間の経過と共に元に戻るようで、徐々に元の動きへと戻っていた。そんな波乱もありつつ帰宅し、早速何を食べたのかチェックすると「肉まん」と表示されている。

 それほど変なものではないが、ちょっと古かったのかなと思いつつ、元気になった愛犬と共に、購入後初となる幸せな1日を過ごした。

再度のありえない凡ミス

 明けて5月2日。私はこの日から5月5日まで、祖母の家に行くことになっていた。事前に荷物は準備してあったので、意気揚々と車に乗り込み、走り出すこと2時間後。

 そろそろメディの様子を見ようと思い、手荷物のバッグを開ける……が、ニンテンドーDSが見当たらない。そんな馬鹿なことがあるかと、またもやぶつけようのない怒りを覚えていたところで、やはり自分の失態に思い当たる。

 遡るのは昨日の深夜。1日中面倒を見た満足感からベッドに潜り込んだのだが、どうにも寝付けない。そこでメディと散歩をした。そしてニンテンドーDSをベッドの横に置いて眠り、それに気づかず出発したのだ。

 またやってしまったという後悔の念に苛まされつつ、思い出すのは5月1日に10日ぶりに会ったメディ。ぐったりとした様子で、ノミがピョンピョン跳んでいたあの姿だ。今回は4日間とは言え、果たしてどうなっているのか? 無事でいてくれ、メディ!

訪れし運命のとき

      | 1 2 | 次のページ

[遠藤学,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping