ニュース
2005/05/13 10:30 更新


Xbox 360で“HD時代”のマーケットリーダーに――ロビー・バックは語る (1/2)

ついにベールを脱いだ「Xbox 360」。Xbox 360の目指すもの、そしてマーケティング戦略について、チーフXboxオフィサーであるロビー・バック氏に語ってもらった。

“HD時代”がすぐそこまで来ている

 「Xbox」で何を達成したかということをまずはお話しよう。数字を言うと、これまで全世界で2000万台を販売し、Xbox Live!は1500万人の利用者がいる。成功したタイトルとしては「Halo 2」があるが、これは1日で1億2500万ドルの売り上げを上げている。これは、これまでの最高記録となっている。

 クリスマス商戦ではソニーや任天堂に勝って1位のコンソールとなった。グローバルで見てもこの3年間はいい成績を上げているし、パートナーシップを持つパブリッシャーやリテールとも良好な関係を築いてきた。Xboxというブランドは、ゲームだけでなく、エンターテイメントにおけるブランド、という地位を築いてきたと考えている。

 ただし、ここで明確にしておきたいのだが、我々は日本では成功していないということだ。次世代のXboxを成功させるためにも、何らかのアドバンテージを日本で築き上げないといけないと言うことは承知している。我々のゴールは、次世代機におけるマーケットリーダーとなることだ。

 次世代機における我々の役割はどこにあるのだろう。まず言いたいのは、音楽、映画、ビデオなどは、ソフトウェア主導のビジネスとなっている、ということだ。そして次に、我々が“3D時代”と呼んでいるものだが、ゲームのクオリティはHD(High Definition)を基準としたものに移りつつあり、“HD時代”とも呼べる時代が到来しつつあるるのが、現在の大きなトレンドだ。

 HDの世界は非常に驚くべき世界を作り上げることができる。より深く、自分たちの想像力を出しながら楽しめる。それだけではなく、これからのゲームは常時接続され、カスタマイズされ、パーソナル化されたものになる。

 Xboxではよい基礎を作り上げることができた。これまでマイクロソフトは、Xbox Live!のような“コンセプトリーダー”ではあった。しかし次世代機では、マーケットのリーダーにならなければいけないと考えている。

Xbox 360でマーケットリーダーを目指す

 Xbox 360では3つの重要な点がある。第1はゲームそのものだ。ただゲームするだけでなく、Xbox 360ではいろいろなものを作り上げていく楽しみがある。我々が試みるこの改革の中には、一緒にゲームをする人だけでなく、あまりゲームをしなかった人たちも巻き込む仕組みが存在する。

 第2に、Xbox 360では、ゲームだけでなく、ゲームに付随する様々な体験が可能になる、ということだ。ゲームを楽しむだけでなく、これまで以上にコミュニティを楽しめるのがXbox 360だ。このため、これまでのコアなゲーマーだけでなく、ゲームに興味がなかった一般の人もターゲットとして考えていきたい。

 第3には、Xbox 360はデジタルメディアに焦点を当てている、ということだ。ゲームや仕事、映画、テレビなどを全て組み合わせて、それを包括したものがXbox 360だ。

 これらを実現することで、Xbox360はすばらしいコンソールになることだろう。このクリスマスのホリデーシーズンには、北米、ヨーロッパ、日本で発売する。

 これまでマイクロソフトは、信用のおける、安定したゲームを作っているメーカーであるとユーザーには認識されていたと思う。しかし、これからはゲーム会社のリーダーとなっていくということを理解してほしい。

 なぜこのような自信があるかというと、Xbox 360はパワーのあるプラットフォームであるからだ。ハードウェアもテラフロップ級のプロセッサパワーを持つ。もちろん、ハードウェアだけでなく、デベロッパーがすばらしいゲームを作り上げるためのツールも用意されている。

 このため、Xboxは、ゲームを作る上ではベストのプラットフォームだとも、デベロッパーから認識されている。オンラインゲーム環境にしても、その環境はXboxに内蔵されており、オンラインゲームの世界を築くのは簡単だ。ハードウェア、ソフトウェア、サービスの3つにおいて、もっともパワフルなプラットフォームを提供しているわけだ。

日本での成功が世界の成功につながる

      | 1 2 | 次のページ

[聞き手:今藤弘一,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping