ニュース
2005/05/13 17:16 更新

次世代Xboxプレビュー:
「Xbox 360」はハード・ソフト・サービスが有機的に連携できるプラットフォーム

マイクロソフトのXbox事業本部長である丸山嘉浩氏は、「次世代Xboxプレビュー」の席上、新ハードウェアである「Xbox 360」を紹介。ハード、ソフト、サービスを有機的に連携させ、高品質なゲーム体験を提供すると述べた。

 都内で行われた「次世代Xboxプレビュー」。発表会ではマイクロソフト Xbox事業本部長である丸山嘉浩氏が登壇し、「Xbox 360」の概要について紹介した。

画像

マイクロソフト Xbox事業本部長 丸山嘉浩氏

 丸山氏は「Xbox 360は、人間のエネルギーが生み出す、生き生きとしたエンタテインメントをビジョンとしている」と述べ、Xbox 360がホームエンタテインメントの中心にあり、日常の全てのエンタテインメントを提供するマシンとなると強調。デジタルエンタテインメントの世界でトップを目指す、と語った。

 「Xbox 360は、Xboxを次のステージに高めたプラットフォーム。ハードウェアだけでなく、サービスとソフトウェアが一体となって、初めて質の高いプラットフォームと言える」(丸山氏)

画像

ハード、ソフト、サービスを一体に

 現在提供しているオンラインサービスである「Xbox Live」については、現行のサービスを継続的に発展させ、「Xboxガイド」や「ゲーマーガイド」、「ゲーマープロフィール」といった、ゲームユーザー向けのサービスのほか、ゲームをダウンロードしたり、アイテムを購入するための「マーケットプレイス」が設けられる。「ボイスチャット」や「ビデオチャット」については、Xbox 360では標準で搭載される。

画像

提供されるXbox Liveのサービス

 ゲームのプラットフォームが普及するためには、デベロッパーが開発しやすい環境を整えることも重要である。丸山氏は、Xbox 360はXboxでの開発ノウハウや経験、ツールなどの資産を利用可能なだけでなく、Windows向けのゲームを開発しているデベロッパーでも利用可能な開発環境を整えていると述べ、ソフトウェア開発におけるハードルを大幅に引き下げていることを強調した。

 「マイクロソフトはTVゲームをさらに進化させる。そのための十分な投資も行っている。日本での成功なくして、Xbox 360の成功はない」(丸山氏)

[今藤弘一,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping